離婚の真実

不倫されて離婚したい人必見!3つの離活をして新しい人生を歩もう!

悩むサレ妻
悩むサレ妻
信じていたはずの夫が不倫してて許せない!
悩むサレ妻
悩むサレ妻
こんなに酷いことをする人はいらない!離婚する!

 

他人が一緒になる結婚は、信頼関係がないと成り立ちませんね。

1回でも許せないのに、反省せずに不倫を繰り返す夫は捨てて離婚することをお勧めします。

 

マチ
マチ
傷つけるばかりの人と住んでも苦しいだけですよ

 

この記事を見ていただいたのは、きっと離婚を考えている方だと思います。

 

今回は、下記の方々に向けて記事を書いてみました。

  1. 浮気・不倫されて夫と離婚したい人。
  2. 離婚の際に損したくない人。
  3. スッキリと離婚して次のステージに後悔なく進みたい人。

 

離婚って本当に心が疲れてストレスを感じてしまいますよね。

私も不妊治療の末に妊娠できたのにも関わらず、夫は1年も前から不倫をしていました。

問い詰めるとまさかの離婚要求。

明るい未来だったはずなのに一気に地獄に落とされた気分でした。

発覚から離婚までは8ヶ月かかりましたがその間に、

  • 初めての出産
  • 初めて弁護士に相談
  • 出産後1ヶ月で離婚調停を申し立てられる

など、濃い8ヶ月を体験致しました(笑)

 

感情もボロボロで、

  • 離婚に至ってしまった後悔
  • 子供はどうしたらいいのか
  • 専業主婦で無職でどうやっていくのか

と、ずっと考えていました。(妊婦なのに・・・)

 

考えるだけでは何も解決しないので、ネットで答えを探しましたがなかなか出てきません。

その為、カウンセラーに相談したり本を読んだり自分なりの答えを探し出しました。

 

離婚を決意した私が導き出した答えは、

「離婚はゴールではなく、人生の再出発!」という事。

正しい離活をしてこそ、良いスタートを切れるのです!

 

では正しい離活の為に何をしたら良いのか?

私が実際に離婚を経験して離活に必要だと感じたのは以下の3つになります。

離活に絶対必要な事
  • 感情の整理
  • 子供の問題
  • お金の確保

 

この問題を解決した事で、生まれたばかりの子供を抱える無職のアラフォーも、不安なく離婚をすることができました。(私の事です)

嫌な思いをしたからこそ、これからは良い人生を歩みたくないですか?

不倫されて離婚を考えている方は、是非私が導き出した離活の方法を試してみてください!

詳しく1つ1つご説明していきますね!

離婚には正しい離活が必要だと感じた実体験

婚活や終活など『〜活』という言葉がありますね。

3組に1組が離婚している現在、『離活』という言葉も流行っていくと思われます(笑)

 

ネガティブだった離婚も、最近では再スタートのようなポジティブな考えの方も増えてきました。

離婚は疲れますが、正しい離活をする事で、未来は確実に明るくなります!

まずは、私の離婚への経緯から離活の必要性をご紹介したいと思います。

不妊治療の末に妊娠に成功!

私は夫よりも年上だった事や、子宮系の病気もあった為に早めに不妊治療を始めていました。

その結果すぐに効果は現れ、妊娠に成功!

マチ
マチ
妊娠できた事に感動しました!

夫もとても喜んでおり、周りに不妊治療をして子供を授かった話までしていました。

 

妊娠中も全く問題もなく、子供もすくすくと成長。

子供が生まれたら家族の絆が強くなると信じて疑っていませんでした。

妊娠中の離婚要求にパニック

しかしある時、偶然にも夫が1年も前に不倫をしていることが発覚。

私は不倫がバレた夫に離婚を迫られるようになりました。

 

体の大事をとって実家で休んでいると、夫からは更に離婚要求が過激になり、住んでいたアパートに帰れなくなってしまったのです。

マチ
マチ
当時は精神的に病み、本当に辛かったです。

本来ならば出産準備をするはずでしたが、妊娠中に離婚の事ばかり考えていましたね(笑)

特に感情面での気持ちが辛く、許せなかった私は早く離婚したいと考えていました。

その理由は、

  • 子供の親権を取りたかった。
  • 子供の戸籍に元夫を載せたくなかった。
  • 出産前に片を付けたかった。

と、子供を守りたい気持ちが大きかったからです。

弁護士に相談したお陰で自分の気持ちに気づいた

そんな時に、たまたま知り合いの人から弁護士を紹介され、相談に行ったところ、「相手にしないほうがいい」と助言をされました。

すぐにでもその弁護士に離婚の依頼をしたかったのですが、「弁護士が間に入ると離婚は止められない」と言われ帰されてしまいました。

私はまだ離婚について『本当は踏ん切りがついていない』と見破られていたようです。

 

今後の事は出産後にすることに決め、その間は

  • 夫は父親として必要なのか。
  • 家族を守ってくれる存在なのか。

 

客観的に考えることに専念しました。

辛かったけど受け入れて前に進めた

出産後も離婚について納得できないでいました。

夫に生まれた事を告げるも、赤ちゃんを見に来る事もありませんでした。

 

さらに出産後1ヶ月検診の日に、夫から離婚調停を申し立てられる事態に。

何かある度に心が打ちのめされる気持ちでしたが、少しずつ『夫は夫として必要のない人間』だと理解する事ができていました。

マチ
マチ
現実を受け入れるのは辛かったですが、離婚を急がなかった事で私なりの離活ができた気がします。

 

また弁護士を入れた事で、離婚の際に夫から慰謝料並みのお金を獲得する事ができました。

そのおかげで離婚後もとりあえずは生活に困らないようになったのです。

 

私のケースは稀だと思いますが、不倫されて離婚したい場合、何も準備もなく離婚する事は離婚後の生活の為にもやめておきましょう。

離婚したいと思ったら、今後良いスタートを切る為にも正しい準備をしておく必要があるのです。

明るい未来になる為の3つの離活とは?

私の経験から、離活の必要性を感じていただけましたか?

これからは具体的にどんな活動をするべきなのか?ご紹介したいと思います。

感情面での離活がもっとも大切

私が一番苦しんだ「感情面での離活」からお話しします。

サレ妻さん
サレ妻さん
いやいや、全然夫には未練なんてないよ!

という、潔い方は必要ないかもしれません(笑)

 

弁護士にも言われたのですが、離婚する事は簡単です。

私も離婚まではもっと長引くと思いましたが、いざ行動に移すと簡単に終了してしまいました。

 

少し期間をおいて気持ちに納得ができたので、離婚してもスッキリした気持ちで迎えられたので本当に良かったと思っています。

しかし、ネット上には離婚した事を後悔した人がたくさんいます。

 

離婚は2人だけの問題ではなく、家同士の離別なので一度別れたら戻る事は不可能に近いでしょう。

後悔しない為にも、感情の整理を今一度確認しておくべきだと思います。

 

子供を連れての離婚は覚悟が必要

子供がいない場合は問題ありません。

しかし2人の間に子供がいる場合、様々な問題が起こります。

 

  • 子供が可哀想だから離婚できない。
  • 子供が成人になるまで離婚できない。

 

と、子供の気持ちを考えて離婚しない夫婦はたくさんいます。

それって立派な事ですし、家族を大切にする気持ちは素晴らしいと思います。

 

離婚は人生を変えてしまうものです。

子供の人生を親が変えてしまうのは酷な事ですよね?

DVなど命の危険がある場合は急いだ方がいいですが、それ以外の理由での離婚する場合は覚悟が必要になります。

お金の問題の解決は精神的な安定につながる

お金があるのと無いのとでは全く精神状態が変わってきます。

独身時代の貯金があったとはいえ、私は妊娠中なので無職。

しかももうすぐ臨月なので働きに出ることもできません。

 

また、出産準備はこれからという時に離婚問題が勃発したので、出産準備のお金も必要でした。

他にも弁護士を雇う為のお金も必要だった為、お金の重要性を痛感致しました。

離婚を考えているならば、

  • 仕事を持つ事
  • 貯金をしておく事

 

この2つは非常に大事です。

お金の問題を解決すると、精神的に安定します。

 

また、離婚には大金が動きますが、何も知識がないままだと大きく損する可能性があります。

離婚後の生活の為にも、しっかりとお金を確保する事や離婚で発生するお金の勉強をする必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

シンプルに『良い離婚をする為に何が必要なのか』まとめさせていただきました。

最後にまた確認してきましょう。

今回の処方箋

正しい離活に必要なのは、

  • 感情の整理
  • 子供の問題
  • お金の確保

になります。

離婚後の未来の為にも、少しずつでも行動していきましょう。