【無料】サレ妻が幸せになるための手引書
離婚

【経験談】離婚で後悔する人の3つの特徴と対策して良かった話を紹介!

悩むサレ妻
悩むサレ妻
離婚しなければよかった・・・後悔。
悩むサレ妻
悩むサレ妻
なんで離婚しちゃったんだろう・・・

 

3組に1組は離婚している現在。

周りにも離婚経験者が増え、離婚は珍しいものではなくなりましたね。

 

離婚のハードルが下がった事で、嫌だからという簡単な理由で離婚する人も増えています。

離婚は2人だけでなく、家と家の縁も切るわけですから、後悔なく終わりにしたいですね!

 

今回は下記の方々に向けて記事を書いてみました。

  • 離婚する事に迷っている女性。
  • 何事も感情で決めてしまう女性。
  • 離婚している人は多いし、自分もしても大丈夫と思っている女性。

離婚は結婚並みに人生の大きな転機となるので、安易に決めてしまうのはNGです。

離婚をする際に一番大事な事って何だか分かりますか?

 

完全に離婚して良いと思える覚悟です。

全然私は大丈夫!という方は問題ないです(笑)

 

結婚生活を続けるのは無理だと思っても、今までの楽しかった記憶など蘇ってきて、「あの時こうしていれば、離婚にはならなかったはず」と思ったりします。

 

しかし離婚届に記入し、届けてしまったらもう戻れません。

離婚をしっかり決めた方も、後悔ないように一度自分の気持ちと向き合ってみましょう。

今回の記事の紹介
  • 離婚して後悔する女性の特徴
  • 離婚して後悔しない為の対策

離婚したいけど迷っている女性は、記事を最後まで読んでいただくことで、離婚後具体的な事も考えられるようになるでしょう。

 

是非参考にしてくださいね!

離婚で後悔する人の特徴

勢いで離婚して後悔する女性は多く、ネットでも離婚を後悔する声で溢れています。

でもどちらかというと、女性の方が潔く男性の方が未練が残りやすいそうです。

 

新しい道を進むと決めたらスッキリした気持ちで離婚したいですよね!

離婚を後悔する人の特徴をあげてみました。

  • 感情で動く事が多い。
  • 周りに頼れる人がいない。
  • 生活の見通しが立てられない。

それぞれ詳しく解説します。

感情で動く事が多い

まさに『勢いで離婚して後から後悔するパターン』です。

離婚は感情あってのことですが、一時的な怒りで離婚を決めてしまうと元に戻すことはできません。

マチ
マチ
何かあると「離婚する!」って言うのもNGですね!

不倫されてからの再構築は大変ですが、後悔しない為に少しでもまだ気持ちがあるならば、徹底的に話あってから決めても遅く無いでしょう。

周りに頼れる人がいない

離婚は非常にストレスが溜まります。

生活が変化するストレスはもちろん、子供がいる場合フォローしなくてはいけませんし、お金の面も心配ですね。

 

そんな時に、周りに家族や親しい友人がいると、辛い離婚に耐える事ができます。

マチ
マチ
私も両親がいたので心強かったです。

「いやいや、迷惑かけられないよ!」と自分で頑張ろうとするのは素晴らしいですが、何かあった時の為にお願いする人がいないか確認しておきましょう。

生活の見通しが立てられない

人生何があるか分かりません。

私も無職で妊娠中に離婚を決めたので、今後子育てするにあたってお金の心配はつきませんでした。

このように何の計画もないまま離婚してしまうと、大変なストレスを抱えることになります。

できれば離婚前に、仕事を探して就職したり資格を取ると安心できます。

 

今までのように裕福な生活はできない事も覚悟し、生活するための計画を立てるようにしましょう。

離婚後に、後々後悔するお金の事

離婚になる時の状況は人それぞれですが、私の場合妊娠中でした。

しかも無職のアラフォー!

離婚したくないと思う反面、生活しなければいけない現実にも直面していました。

その経験から対策して良かった話をします。

周りのシングルマザーはお金で苦しんでいる

シングルマザーは周りにたくさんいますが、一番大変なのはお金の問題です。

というのも、お金の事を何も決めずに離婚する人が非常に多いのです。

マチ
マチ
養育費なしとか普通にいます

 

薄情な旦那と別れてせいせいしますが、お金が必要になると色々決めておけば良かった話はよく聞いていました。

その話から、離婚する際には「お金の取り決めはちゃんとする事」を自分の離婚の条件にしました。

お金の取り決めをしてから離婚した

私は離婚調停の後に、離婚が確定しました。

乳児がいるためにすぐに働きに出れませんのでお金が必要になります。

 

元夫には、妊娠中に離婚要求した心のストレスや出産後に働きに出ることができないので、離婚の条件として大金の和解金を要求しました。

また、養育費も20歳まで支払う取り決めもしました。

 

一部は分割で残りは一括で払ってもらう取り決めをしたので、生活できるお金は確保できました。

 

マチ
マチ
とりあえずは安心しましたね!

 

だからと言っても、相手が失踪したり亡くなったりすればお金は貰えなくなります。

しかし、お金の事までしっかり決めた事も、後悔しない離婚の対策の1つだと思いました。

まとめ

いかがでしたか?

最後に確認しておきましょう。

今回の処方箋
  • 離婚して後悔する人の特徴をチェックし、自分に当てはまってないか確認する。
  • 離婚後に後々後悔するのはお金の取り決めをしなかった事
  • お金の取り決めをしっかりやる事で、不安なく前に進むことができる。

離婚前にたくさんのストレスを感じるので、基本的に離婚後は解放された気分になります(笑)

しかし、後からこうすればよかった・・・という気持ちは必ず出てきます。

なるべく後悔しない為にも、離婚の際には抜かりなく納得いくまで離婚しないつもりで行きましょう。

【無料】サレ妻が幸せになるための手引書