【無料】サレ妻が幸せになるための手引書
離婚

シングルマザーの現実は想像以上に過酷!離婚前にすべき3つの準備とは

悩むサレ妻
悩むサレ妻
周りでもシングルマザーが多いし、なんとかやっていけるでしょ!
悩むサレ妻
悩むサレ妻
シングルマザーは優遇されてるから離婚しても大丈夫でしょ!

 

以前と比べてシングルマザーが増えてきていますが、誰しもが簡単に離婚を選択しているわけではありませんね。

昔と比べてひとり親の保障ができたり、優遇されるところもあります。

しかし現実はそんなに甘くありません。

現に私はシングルマザーですが受けられている保障や優遇は多くありませんでした。

 

今回は「シングルマザーになる為に離婚前の準備」について詳しくご紹介していきます。

特に以下の方に参考になる記事になっています。

  • これから離婚してシングルマザーになる人
  • 離婚を考えているけど、何をどうしたらいいのか分からない人

 

私もシングルマザーは、

  • 税金が安い
  • 児童扶養手当が貰える
  • 年金の免除

などと、勝手に都合の良い考えをしていました。

 

離婚してシングルマザーになったら、大黒柱は自分になります。

そのお金は、自分で働いて稼がなくてはいけません。

今後離婚を考えているようなら、以下の3つのことを離婚前に準備しておきましょう。

 

  • 仕事の確保
  • お金の確保
  • 住居の確保

 

基本的な3つですがとても大事な事です。

私は何もない状態で離婚を決意してしまったので、周りにとても迷惑をかけてしまいました。

離婚するのは夫婦の責任です。

周りを巻き込むことがないよう、自分のことは自分でするように準備しておきましょうね!

マチ
マチ
備えあれば憂いなしです!

3つの準備をしっかりしておくことで、離婚後も安心して生活することができます。

これからシングルマザーになろうとしている方は是非参考にしてください。

シングルマザーの現実は甘くない!

シングルマザーが優遇される制度は、自治体によって異なります。

私は周りのシングルマザーがとても楽しくやっていたので、余裕なのかと勘違いしていました。

実際は過酷な現実が待っているのです。

シングルマザーの受けられる制度は制限が厳しい!

シングルマザーの受けられる制度は自治体により差がありますが、どこでも共通のものとして、『児童扶養手当』があります。

ひとり親が、国からお金の援助を受けられる制度です。

私は現在無職で、昨年も専業主婦で収入がなかった為、申請するために市役所に向かいました。

 

説明を聞くも申請はできず。

その理由は、『まだ働いて収入のある両親の家に同居しているから』でした。

私が離婚して世帯主が親と別だとしても、同居している親に収入があるという理由から申請は受けられないのです。

 

他にも年金や住民税や健康保険なども、シングルマザーだから減額などはありません。(収入によっては減額あり)

 

児童扶養手当を受けるのであれば、家を出て乳児と2人で住むしか方法はないのです。

ひとり親に国は優しいはず!と思っていると痛い目を見ることになります。

離婚前にすべき3つの準備とは?

離婚は新しい人生のスタートです。

良いスタートを切るためにも、しっかりとした準備が必要になってきます。

先ほどご紹介した、

  • 仕事の確保
  • お金の確保
  • 住居の確保

なぜ必要なのか、実体験も併せてご紹介していきたいと思います。

仕事の確保は生きるために必要

離婚後は夫からの生活費は打ち切られる為、自分たちで稼いで生きていかなくてはいけません。

その為にも仕事をすることは必須なのです。

 

また仕事を始めて自立することは、離婚後の精神安定にも繋がります。

自分の力で生きていくことが、これからの人生前を向いて生きれる力となるのです。

 

マチ
マチ
生活する力があれば離婚後も無敵ですよ!

 

離婚前に、資格取得の勉強をしておくのもいいかもしれませんね。

 

子供がいても仕事にも出るので、子供に負担のかからない仕事ができたら一番理想ですね。

理想の生活ができるように、離婚前から調べて行動に移すようにしましょう。

お金の確保は精神的に安定する

母と子で生きていくにあたって、お金は非常に大事になります。

母親が元気で、いつでも仕事に出れるのであれば問題はありません。

しかし、いつどうなるか分からないので、しばらく働かなくても暮らしていけるくらいのお金の確保をしておきましょう。

 

私は何も準備せずに家を出たので、独身の時のお金を崩して使っていました。

出産準備はこれからという時だったので、お金の減りにドキドキしたものです。

 

お金の確保の方法としていくつかありますが、

  • 離婚前にへそくり
  • 裁判で争って慰謝料をもらう

などでもいいでしょう。

月々どれくらい生活するのにかかるのか計算して、足りない分は節約するなど対策を練りましょう!

住居の確保は人生のスタートの基盤となる

最後に必要なのは住居の確保です。

親と実家で同居するのか、別に済むのか別れると思います。

 

私は妊娠中だったので実家にお世話になり、出産後も実家で同居しています。

同居の良いところは、

  • 家に人がいる安心感がある
  • 育児が精神的に楽
  • 経済的に助かる

 

別で暮らす良いところは、

  • 気を使わずに暮らせる
  • 児童扶養手当の申請ができる

 

と、全く別のメリットですが私は同居して良かったと思っています。

初めての育児での精神的安心感はありますし、働いていないので経済的にも助かっています。

 

しかし親も若くはありません。

お世話になった分、老後の世話はするべきだと思っていますし、再婚しない限り実家が新たな人生スタートの基盤となるでしょう。

メリットデメリットは人によって微妙に変わってきますので、自分と子供はどちらが良いのかよく考えて決めてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

最後に確認しておきましょう!

今回の処方箋

シングルマザーの現実は甘くない!

  • シングルマザーの受けられる制度は制限が厳しい!

離婚前にすべき3つの準備とは?

  1. 仕事の確保は生きるために必要
  2. お金の確保は精神的に安定する
  3. 住居の確保は人生のスタートの基盤となる

シングルマザーは、裏切った夫はいないので精神的に気楽でいられますが、大変な事は多いと思います。

しかし、「一生懸命やる!」気持ちさえあれば何も問題はありません。

離婚を考えている方は、制度をあてにせずに生き抜くように共に頑張りましょう!

【無料】サレ妻が幸せになるための手引書