【無料】サレ妻が幸せになるための手引書
離婚したい

【安くて簡単!】不倫の証拠を自分でゲットする4つの流れを紹介!

サレ妻1
サレ妻1
旦那の奴、不倫してる気がする。許さない!
サレ妻2
サレ妻2
探偵を使わずに自分で証拠を取りたい!

 

信じていた夫が浮気や不倫していると知った時、許せない気持ちでいっぱいになりますね。

なんとか確実な証拠をとって、懲らしめたいと誰もが思うはずです。

 

今回は、以下のような方の為に書いてみました。

  • 夫に不倫され、証拠を取りたい女性
  • 離婚するために有利になるために証拠を取りたい女性
  • 探偵を使わず安く証拠を取りたい女性

 

マチ
マチ
私も夫の不倫が発覚した時、どうやって証拠を取るか考えていました。

 

確実な証拠を取る為にどうしますか?

最近では、探偵にお願いして証拠を取る話も珍しくありません。

 

しかし探偵にお願いするとなると、どうしても高額な金額が発生します。

私は色々考えた末に、証拠を取らずに夫に問いただし、反省してもらおうと思いました。

 

しかしこの考えは大失敗!

夫に離婚要求されてしまい不倫の証拠も取れず、不貞の事実はもみ消されてしまったのです。

マチ
マチ
証拠を取らなかったことは今でも後悔しています。

同じように夫の不倫で悩んでいる方はまず、確実に不倫の証拠はとっておきましょう。

証拠があると離婚するか再構築するか、どちらをとっても有利になります。

そこで今回の記事では、『自分で不倫の証拠を取る3つの方法』をご紹介します。

 

離婚後にはお金が必要になります。

離婚後の生活の安定のためにもなるべくお金が出るのは避けたいですよね!

この記事を読み、自分で証拠を取る事で

  • 探偵に依頼した場合のお金数十万がうく
  • 離婚するのに非常に有利に離婚できる
  • 夫に不貞を反省させられる

などが可能です。

浮気や不倫の証拠があると強力なお守りになります。

しっかりと証拠を取り、夫を懲らしめてやりましょう!

浮気や不倫の事実として有効な証拠とは?

浮気や不倫の事実として有効な証拠ってご存知ですか?

夫を懲らしめるためにはしっかりとした証拠が必要です。

抜かりないようにここでご紹介します。

確実な証拠は『裸の画像』

不倫の証拠として

  • メールのやり取り
  • 2人で会う
  • 2人で旅行

 

など色々あると思いますが、確実な証拠は「浮気や不倫の画像」が必要です。

マチ
マチ
例えば、2人裸で写っている写真とかですね。

これがあれば一発で浮気や不倫の事実としてあげられるでしょう。

不倫として立証が難しい証拠

しかしそれ以外の証拠は不倫の事実として認められないこともあります。

例えば、

  • ホテルから2人で出てきた
  • 旅行に行って2人で腕を組んだ写真があった

これでも不貞として見られないことがあります。

 

マチ
マチ
おかしな話ですよね!

 

旅行の写真など、普通に考えてもおかしいと思うものでも、不倫の事実として認められないと弁護士が言ってました。

しかし全く効果がないわけではありません。

 

これら複数の証拠が合わされば不貞行為として認めてくれる可能性が高まります。

このように、見つけた疑惑はまとめておくようにしましょう。

不倫の証拠を自分で取る4つの流れを紹介

さて、いよいよ浮気や不倫の証拠を自分で取る方法をご紹介します。

不倫相手まで確認でき、慰謝料請求も可能です。

自分で証拠を取る4つの流れとは、

  • 夫の車にGPSを取り付け、行動を探る
  • 行動が分かったら2人の写真を取る
  • 証拠を元に自白させる
  • 不倫の自白は書面に残す

 

2人にしっかりと反省してもらうために証拠はガッチリ掴みましょうね!

夫の車にGPSを取り付け、行動を探る

探偵に依頼するとほぼ必ず行われる「行動の確認」

最近ではGPSを対象者の車やカバンにとり付け、日常の行動を探っていくことから始めるのが主流のようです。

 

探偵に依頼すると数万円かかりますが、このGPSの取り付けは誰でもできます。

 

まずネットでGPSを頼みます。

最近のGPSはアプリと連動しているのですぐに行動を把握することが可能です。

元夫の不倫疑惑があった時に、使おうと思っていたGPSがこちらです↓

イチロク探偵が実際に使用している本格派。

でもなんとなく気が引けてしまってやりませんでした。

真実を知るのが怖いと思ったのもあります。

 

マチ
マチ
でも今思えば確実に証拠を取るべきでした。

浮気や不倫している人に情けは不要。

強い気持ちで戦わないといけないのです。

自分で証拠を取りたいなら、是非GPSをつけましょう。

行動が分かったら2人の写真を取る

GPSで夫の行動が分かったら、怪しいと思われる時間帯や場所に行き、2人一緒にいる写真を撮っておきましょう。

 

夫が自分とは違う女性と一緒にいる姿を見てしまうのは、ショックだと思います。

しかし夫はあなたを裏切った卑怯者です。

心を鬼にしてシャッターチャンスを逃さないようにしましょう!

 

またこの時、写真だけでなく2人の様子も日記にまとめておきましょう。

例えば、どこに行っていたとか手を繋いでいたとか具体的な様子です。

日付と時間も忘れずに細かく残しておきましょう。

証拠を元に自白させる

2人でいる写真が取れればあなたは最強です。

いよいよ写真を元に自白させるわけですが、焦りは禁物です。

自白の際には準備が必要なのです。

以下のものを用意しておきましょう。

  • ボイスレコーダー×2
  • GPSの記録
  • 不倫を認める証明書

 

ボイスレコーダーは、自白させた時の音声を録音するのに必要になります。

スマホのアプリでも使うことができますが、ここでは2つ用意しておきましょう。

あとで「音声が取れなかった!」とならないように注意してくださいね。

 

また中には写真だけでは認めない可能性もあります。

その時はGPSの記録をみせ、頻繁に不倫相手と会っていた事実を突きつけましょう。

ここまで攻めれば認めると思われます。

不倫の自白は書面に残す

不倫を認めたら「不倫を認める証明書」を出し、夫にサインをさせます。

ただし、夫だけの証明書では後々「責められたから書いただけで、不貞はしていない」と言われる可能性もあります。

 

それを防ぐためにも、不倫相手の女性にも後日、証明書にサインをしてもらうと証拠としてかなり強くなります。

ここまでできれば裁判で不貞として認められ、後は離婚してもしなくてもあなたの自由になります。

 

意外と簡単ですよね?

一番必要なのは勇気なので、不貞は絶対に許せない気持ちを強く持って戦いましょう。

 

この方法で行えば、探偵代数十万が数万円で解決することも可能です。

一応安全の為にも、自白させる時は誰かにお願いして一緒にその場にいてもらうのも大事ですね!

まとめ

いかがでしたか?

最後にまた確認しておきましょう!

今日の処方箋

浮気や不倫の事実として有効な証拠とは?

  • 確実な証拠は『裸の画像』

浮気や不倫の証拠を自分で取る4つの流れを紹介

  • 夫の車にGPSを取り付け、行動を探る
  • 行動が分かったら2人の写真を取る
  • 証拠を元に自白させる
  • 不倫の自白は書面に残す

自分で証拠を取るのは結構簡単ですが、自分の気持ちが壊れていかないかが一番難しいところでしょう。

証拠を取るのに時間がかかる場合もあるので、絶対に許さないという気持ちも大事ですよ!

【無料】サレ妻が幸せになるための手引書