【無料】サレ妻が幸せになるための手引書
離婚

【知らなきゃ損!】不倫で離婚する際にお金で損しない為にやるべき3つの事とは?

離婚でお金を損しないために
悩むサレ妻
悩むサレ妻
不倫されて離婚すると今までのお金ってどうなるの?
悩むサレ妻
悩むサレ妻
不倫されて離婚したいけどお金がなくて生活できない

 

離婚には2人の関係の清算だけでなく、大金が絡んできます。

財産分与や慰謝料だけではありません。

離婚を考えているならば、どんなお金が発生するのかをしっかり知っておく必要があります。

 

私も離婚の際に、こんなにお金が動くのかと非常に勉強になりました(笑)

弁護士を通して手続きをしたのですが、自分だけでは貰えるはずのお金に漏れがあったと思います。

 

今回ご紹介する「不倫で離婚する際にお金で損しない為にやるべき3つの事」とは、

  • 結婚後の2人の財産を確認する
  • 不倫で別居したら婚姻費用を請求
  • 養育費の取り決めをする

 

また、他にも不倫で離婚する際に発生する

  • 慰謝料
  • 解決金

についてもご紹介します。

 

この記事を最後まで読んでいただければ、離婚の際に発生するお金を損することなく進めることができるはずです。

離婚したいけど、お金の事について全く分からない!という方は是非参考にしてください。

不倫で離婚する際にお金で損しない為にやるべき3つの事

離婚は2人の関係を全て清算するので、お金の話が絡むとお互い本性が出ます(笑)

離婚後生活する為にはお金が必要なので、しっかりと準備をしておきましょう。

ここでは、

  • 結婚後の2人の財産を確認する
  • 不倫で別居したら婚姻費用を請求
  • 養育費の取り決めをする

 

この3つについて詳しくご説明していきます。

結婚後の2人の財産を確認する

離婚の際に、結婚後に発生した財産を平等に分ける『財産分与』が発生します。

お金だけでなく、

  • 不動産

も財産に入ります。

 

当然、お互いの貯金も財産に含まれます。

私は結婚後専業主婦になったので収入はないのですが、元夫は私に渡さない隠し貯金がありました。

隠し貯金の存在は知っていたのですが、離婚騒動後に元夫は自分の通帳や現金をどこかに隠していました(笑)

 

他に、私が元夫から貰う生活費の一部を貯金に回していたのですが、その分は出産準備金として全額使ってしまった為、結婚歴も短かったので財産分与はしませんでした。

 

結婚歴が長かったり、家を所有している場合はもっと複雑になるので、弁護士の先生にお願いする方が間違い無いです。

 

離婚するとなると、取られないように自分のお金を隠しがちです(笑)

隠されて損しない為にも夫婦の財産の額は把握しておきましょう。

不倫で別居したら婚姻費用を請求しよう

夫婦は一緒に生活を共にする義務があります。

別居したとしても籍がある限り、夫婦同じ生活ができるくらいの生活費を収入の多いほうが少ない方に支払わなければなりません。

 

夫に半ば追い出されるように別居した私は、妊娠していた事もあり生活費を稼ぐことはできませんでした。

弁護士の先生に相談した結果、離婚するまでの間婚姻費用を貰う『婚姻費用調停』を申し立てました。

その結果、調停を申し立てた月から婚姻費用を貰えたので生活に困る事なく過ごす事ができました。

 

マチ
マチ
精神的にもすごく助かりました!

 

この婚姻費用は、離婚したら貰うことはできません。

すぐに離婚するのはやめて、まずは別居し婚姻費用を請求する事をお勧めします。

不倫の証拠があれば別居しながらずっと請求する事も可能

日本の結婚制度は、不倫などの不貞をした者に非常に厳しくしています。

婚姻関係のある2人の片方が、不倫などの不貞行為をして家庭を壊すと、不倫した側からの離婚はできない事になっています。

どんなに不貞した側が、離婚調停を起こしても不倫の証拠がある限り離婚は絶対できません。

 

その為、不倫の証拠を掴んだサレ妻が別居して、離婚せずに延々と婚姻費用を請求する事ができるのです。

マチ
マチ
生活の為にお金を要求し続けるという一番エグい方法です(笑)

 

私は本人の自白のみ(録音などは無し)だったので、確実な不倫の証拠はなかった為そこまではしませんでした。

お金を貰い続ける事は、お金に困らずに暮らしていける安心感があります。

でもなるべくなら早く関係を切って、離婚して先に進む方が良い人生を送る事ができるでしょう。

 

養育費の取り決めをする

子供がいて離婚する場合、親権者に養育費を支払う必要があります。

しかし現在では、養育費をしっかり貰っているのは2割ほどしかいないそうです。

養育費を貰っていない理由として、

  • 養育費の取り決めをせずに離婚した
  • 養育費を(相手が)支払うことができない
  • 養育費を(相手が)支払おうとしない
  • 子供の親権者側が養育費を拒否する

 

などがあります。

不倫などで離婚した場合、母親が関係を切りたいが為に養育費の拒否をする事もあるそうです。

 

実は私も縁を切りたくて養育費を貰うことを躊躇しました。

 

マチ
マチ
養育費を払えば済む話ではないと思ったからです。

 

結果的に養育費を20歳まで貰う事になりましたが、子供の為にも拒否しなくて良かったと今では思います。

 

もし今まで養育費を拒否していたとしても、これから請求することは可能です。

しかし今まで貰わなかった期間の請求はできないので、しっかり取り決めをしてから離婚するようにしましょう。

離婚で発生する慰謝料と解決金とは

離婚する際に発生する、

  • 慰謝料
  • 解決金

をご存知ですか?

慰謝料は知っていても解決金までは知らない人は多いはず。

 

私は解決金を貰って離婚しました。

必ずしも離婚して貰えるお金は、慰謝料だけではありません。

解決金は相場がない

婚姻期間中に発生した財産は半分に分ける「財産分与」があるとお話ししました。

離婚の内容にもよりますが他にも、

  • 慰謝料・・・一方的に不倫などの不貞を犯した側が払うお金
  • 解決金(和解金)・・・不貞はないが一方的に別れたい方が離婚する為に支払うお金

があります。

 

慰謝料は大体の相場がありますが、解決金には相場がありません。

その為、100万で離婚する人もいれば1000万で離婚する人もいます。

 

私もこの解決金を貰う事で離婚を承諾し、婚姻期間が短いながらも十分なお金を貰うことができました。

マチ
マチ
不貞で訴えた場合の慰謝料以上の金額になりましたよ。

 

離婚は駆け引き次第で、言いようによってはすごく損する人もいれば得する人もいます。

このお金はしっかりと双方で決めない限り貰うことはできません。

 

この駆け引きは素人で行うのは難しいと思うので、できれば弁護士を入れて行う方がお勧めです。

まとめ

いかがでしたか?

最後にまとめていきましょう。

今回の処方箋

離婚の際にお金で損しない為にやるべき3つの事

  • 結婚後の2人の財産を確認する。
  • 別居したら婚姻費用を請求しよう。
  • 養育費の取り決めをしよう。

離婚はもう好きか嫌いかの話ではなくなります。

今後の生活の為にも抜かりなく取り決めをしておきましょう。

 

できれば法律の知識が豊富の弁護士の先生に相談してみる事をお勧めします。

しっかりと決めて良いスタートを切ってくださいね!

【無料】サレ妻が幸せになるための手引書