不倫が発覚したら知って欲しい9つのこと

当記事では、「夫の浮気が発覚したら知って欲しい9つのこと」をまとめました。

 

マチ
マチ
こんにちは。マチです( ^ω^ )(@machi_blog

 

マチってこんな人
  • 不妊治療が決まった時から元夫は不倫開始
  • 慰謝料以上の解決金をもらって離婚→ストレスフリーのシングルマザー
  • サレ妻のメンタル回復について特に熟知しています

 

夫の浮気発覚は突然起こるもの。

いざという時、何をどうすれば良いのか分からない人も多いでしょう。

この記事では、私の経験から夫の浮気が発覚したら知って欲しいことをまとめました。

 

今後どうしていくか分からないサレ妻さんに是非読んでいただきたいです!

夫の浮気が発覚したら知って欲しい9つのこと

配偶者の浮気が発覚するということは、夫婦関係の危機を意味します。

浮気によって離婚する人もいれば再構築する人もいます。

 

あなたはどうしたいと考えていますか?

 

浮気によって起こることや、どう行動すればいいのか知っておくと、いざという時に慌てなくて済むので是非最後まで読んでくださいね!

1、妻がいるのに浮気する夫は〇〇%もいる

ある調査によると、既婚者の男性が浮気をする確率は26.9%だったそうです。

ちなみに女性は16.3%だったそうです。

既婚者が浮気する確率
  • 夫・・・26.9%
  • 妻・・・16.3%

 

約5人に1人は浮気した経験があるというデータが出ています。

どうでしょう、結構多い気がしますか?

 

世の中には不倫やサレ妻を題材にしたドラマが人気ですが、決して他人事ではないということが分かりますね。

2、夫の浮気が発覚して離婚する確率は○%

では実際夫の浮気が発覚して、離婚に至るのは何%くらいだと思いますか?

20%くらい?

いえいえ違います。

 

浮気発覚(異性関係)で離婚に至る夫婦は8%と言われています。

 

結構少ないですよね( ;∀;)

 

マチ
マチ
私も最初は結婚して間もなかったので再構築を決めました。

子供がいたり、経済的な理由から夫の浮気を許し、再構築を決断することが圧倒的に多いということです。

3、再度浮気を繰り返す夫は〇〇%もいる

一度バレて再構築を決めたのにまた浮気する人の割合はどれくらいだと思いますか?

 

実は45%ものシタ夫が、また浮気を繰り返すと統計が出ています。

よく嘘つきは直らないと言われますが、浮気癖を直すのも簡単ではありません。

 

1回目の浮気はなんとか見逃しながらも、2回目の浮気で離婚を決意する人も多いですよ!

 

また浮気するシタ夫の特徴について、過去にまとめています。

シタ夫 水面下 浮気
シタ夫が水面下でまた浮気・不倫している確率は〇〇%!またする人はこんな人! 夫に浮気・不倫されて再構築を決めても『またされたらどうしよう』って不安になりますよね? 夫を信じて...

4、夫がどんなに反省しようとも、浮気しない保証なんてない

浮気がバレると、多くの旦那さんは奥さんに謝り倒し「離婚したくない」と懇願します。

その後も家事や育児に積極的に参加し、しばらくは反省した態度を見せてきます。

 

しかし、どんなに反省しようと家事育児に積極的になっても、また浮気しない保証なんて1mmもありません。

 

マチ
マチ
反省した夫を信じることも必要ですが、一度裏切った以上『絶対はない』を頭に入れておきましょう。

5、本気の浮気をした夫に動じないこと

遊びの浮気ではなく、本気の浮気をする旦那もいます。

本気の浮気をすると、家に帰らないだけでなく

  • 浮気を隠して離婚しようとする
  • 罵倒して威圧的になる
  • 浮気がバレると豹変する

などと酷い態度で接してくるようになります。

 

浮気+言われたショックにずっと苦しむ人もいます。

でもこれらの発言や行動は、他人からみたらタダのアホな行動です。

マチ
マチ
間に受けないことも大事ですよ!

6、浮気相手にできることは「慰謝料請求」くらいしかない

夫の浮気相手になった女に復讐したいと思うのは普通のことですね。

しかし浮気の事実を、会社にバラしたり家族にバラすと犯罪として逮捕されるリスクがあります。

 

結局浮気相手にできる1番の復讐は『慰謝料請求』くらいしかないのです。

マチ
マチ
結局金しかないんですよね・・・。

過去に、合法的に社会的制裁を与える記事を書きましたが、全ての浮気相手にできることではありません。

でも良かったら参考にしてください( ^ω^ )

浮気相手 社会的制裁
浮気相手に社会的制裁を与えたい!皆が実際にした方法と注意点を紹介 夫の浮気相手をなんとかしてやりたい!というのはサレ妻なら誰でも1度は思うはず。 社会的制裁を与えたいけど、...

7、浮気相手の慰謝料請求には、言い逃れできない証拠がないと無理

浮気相手の女に慰謝料請求する方は年々増えてきていますが、言い逃れできないくらい確実な証拠がないと請求できない場合があります。

 

多いのが、

「既婚者だって知らなかった」

という言い訳。

 

既婚者だと知っていながら不倫していたことを証明できないと、逆に訴えられてしまうこともあるのです。

 

不倫を認めずに慰謝料請求もできないとか許せませんよね?

確実に請求するためにも、言い逃れできない証拠を取得するべきです。

8、不貞行為には時効がある

結婚した夫婦は、配偶者以外のものと肉体関係を持つと不貞行為とみなされ、不貞をされた者は離婚したり、慰謝料をもらうこともできます。

 

そして不貞行為には3年という時効があります。

これは発覚してから3年です。

もっと細かくいうとケースによって様々ですが、原則3年だということは覚えておきましょう。

 

夫の浮気が発覚し、離婚も再構築も決められずにとりあえず保留にする方もいますが、証拠を取得していれば3年は離婚するか再構築するのか決めることができます。

 

証拠があれば、自分の気持ちのタイミングでどうするのか決められるので是非取得しましょう!

マチ
マチ
これ、結構知らない人が多いのです(私も知らなかった)

お守りがわりに証拠を持っておくのもオススメですよ!

9、離婚の慰謝料の相場が下がってきている(弁護士談)

不貞行為をされて慰謝料請求する場合、ケースによって貰える金額は変わってきます。

 

目安としては以下になります。

慰謝料の相場
  • 離婚も別居せず、夫婦関係を継続する場合・・・50万円~100万円
  • 浮気が原因で別居に至った場合・・・100万円~200万円
  • 浮気が原因で離婚に至った場合・・・200万円~300万円

 

浮気していた年数や結婚歴・子供の有無などで金額に差も出てくるのですが、この相場の金額も昔と比べて下がってきているそうです。

 

というのも、年々離婚する人が増えてきているからだとか(弁護士談)

 

そんなの知らないよ!(怒)って感じですが、酷いことをされた割に貰える金額は意外と低いことも頭に入れておきましょう。

サレ妻さんに一番伝えたいこと

夫の浮気が発覚したサレ妻さんに9つの知って欲しいことを紹介しましたが、一番伝えたいことがあります。

それは、

『人の感情には絶対はない』

ということです。

どういうことなのか、詳しく解説します。

「絶対〇〇できる!」という保証はない

夫の浮気が発覚しても、今まで愛していた旦那さんを急に大嫌いになることはありませんよね。

一番信頼していた人に裏切られた感情は

「辛いけどまだ好き、でも憎い」

という感じでしょうか。

 

子供がいたり、まだ結婚して間もない場合離婚せずに再構築する方も多いでしょう。

 

でも人の感情は変わります。

  • 再構築したけど、やっぱり信じられなくて離婚を決断した
  • 反省していたはずなのに、また夫が不倫した

 

脅しではなく、よくある話です。

逆に上手く行く夫婦もいますが、かなり稀でこのケースはお互い相当な努力をしています。

 

約半分の夫がまた不倫するデータも出ているように、円満な夫婦関係を維持するって本当に大変なのです。

最悪なケースを考えて、サレ妻さんにできることとは

夫に浮気されたサレ妻さんには、

絶対に「不貞行為の証拠」を取ることをお勧めします。

 

マチ
マチ
私は証拠を取らなかったために、今でも悔しい気持ちを持ち続けています。。。

なぜ今でも後悔しているのか、少し私の話をさせてください。

 

私は、籍を入れて3週間後に元夫が元カノと密会していることが発覚し、まだ籍入れたばかりなのもあって再構築を選びました。

 

フラッシュバックを経て、良好な夫婦関係を築くこともできていました。

と、思ってました。

 

実際は、その1年後にまた違う女ができ、バレた私に逆ギレして夫婦関係は破綻し、離婚しました。

 

当時、私は専業主婦で妊娠中。

離婚時は、出産して4ヶ月の赤ちゃんがいました。

 

離婚を拒否して、とりあえず別居して(元夫から)婚姻費用を貰う方法もあります。

でもあまりの元夫の身勝手さに早く縁を切りたくて、離婚を延ばすことはしませんでした。

 

何より不倫の決定的な証拠はなかったので、

離婚の原因は性格の不一致で片づけられました。(←これが一番悔しい)

 

もし証拠があったら、元夫を「不倫した夫」と認定できましたし、相手の女にも慰謝料請求できました。

 

でも当時の私には全く知識がなかったために、何もできなくて悔しかったです。

 

証拠があれば身勝手に不倫をする夫から、メンタル的にも金銭的にも自分を守ることができます。

辛いと思いますが、自分を守るためにも『不貞の証拠』は必ず取得しましょう。

不貞の証拠をとるメリット・デメリット

証拠取得が大事なのは伝わりましたか?

続いて、不貞行為の証拠を取るメリット・デメリットについてまとめました。

まずはデメリットから紹介します。

デメリット

デメリットは以下になります。

デメリット
  • 不倫の詳細を知ることにより、心が病む
  • 証拠取得がバレると夫婦関係が悪化する
  • 証拠取得にお金がかかる

以下で解説していきますね!

不倫の詳細を知ることにより、心が病む

不貞の証拠は慰謝料請求できるほどの確実なものでなくてはいけません。

 

どんな証拠かというと、

慰謝料請求できるレベルの証拠=肉体関係があったと推測できる証拠

マチ
マチ
これ結構重要です。

一緒に旅行に行った、でもダメです。

 

確実な慰謝料請求できるレベルの証拠を取得するというのは、不倫の中身を知るわけですから心が病む可能性は大です。

証拠取得がバレると夫婦関係が悪化する

証拠を取ろうとした行動がバレたり、集めた証拠を見られたりすると夫婦関係が悪化する可能性が高いです。

 

浮気の当事者は、自分が悪いのに証拠を探っている妻を悪者のように思い込みます。

細心の注意を払い、リスクも理解した上で行動に移す必要があります。

証拠取得にお金がかかる

夫のスマホがいつも見れる状態にあり、スマホの中に裸の写真があればもうそれで証拠はOKです。

 

今は誰でもスマホにロックをかけているでしょうし、痕跡を残さないように削除して証拠が取れない場合もあるでしょう。

 

その場合は、

  • 証拠取得のグッズを利用して自分で証拠を取る
  • 探偵や興信所に依頼する

などを利用して証拠獲得する必要があります。

 

探偵の調査がべらぼうに高いイメージがあると思いますが、ピンキリです。

少しでも安く証拠を取ってもらうための裏技を使えば、自分で取るより確実な証拠が取れますよ!

メリット

続いてメリットは以下になります。

メリット
  • 夫婦関係をやり直すきっかけになる
  • 夫・浮気相手から慰謝料請求ができる
  • 自分からの離婚が認められやすくなる
  • 不貞した夫からの離婚が認められにくくなる

以下で解説していきます。

夫婦関係をやり直すきっかけになる

しっかりした証拠がないまま夫に問い詰めても、上手くはぐらかされて浮気を認めずに逃げられる可能性があります。

 

言い逃れできない証拠があると分かれば、夫も観念して謝罪するかもしれません。

再構築を上手くやり切るには、モヤモヤした曖昧な状態ではいけません。

 

マチ
マチ
離婚せずにやり直したいなら、腹を割って話し合う必要がありますよ!

夫・浮気相手から慰謝料請求ができる

夫の不貞行為が証明できたとき、それは不法行為になるので、慰謝料を請求できます。

また、不貞行為は一人ではできないので、同時に浮気相手にも、不法行為の共犯として損害賠償を請求できます

 

証拠があれば、両方に慰謝料を請求できるというメリットもあるのです。

どんなに傷ついて憎くても、相手にできる『仕返し』のようなものは慰謝料請求でしかありません。

マチ
マチ
確実に復讐できる『慰謝料請求』は確実に行いましょうね!

自分からの離婚が認められやすくなる

日本の婚姻制度で、夫婦は簡単に離婚が認められていません。

お互いが離婚に同意するのなら話は早いのですが、片方が認めない場合は離婚できない仕組みになっているのです。

 

ただし例外があり、不貞行為をされた方が離婚したい場合、離婚を認められやすくなります。

片方が離婚を認めない場合、離婚裁判で勝つ必要がありますが、有無を言わさずに離婚できるのが不貞行為なのです。

マチ
マチ
証拠を持ったされ妻が、「離婚したいわ!」ってなったら離婚できるわけです。

不貞した夫からの離婚が認められにくくなる

夫が本気の浮気をした場合、離婚を迫ってくることがあります。

しかし離婚は生活を一変させてしまうもの。

 

夫は離婚して浮気相手と一緒になって、妻は身勝手な夫のせいで人生が一変するなんて裁判所も認めません。

不倫をして家庭を崩壊した有責者からの離婚は認められないのです。

 

あなたが、子供のことや今後の生活のことで思い悩んで、不貞を行った夫と離婚に踏み切れない時、夫からの離婚が認められてしまったらどうしますか?

 

マチ
マチ
相手が有責配偶者であることの証明をするために、不貞の証拠を持っているというのは、自分を守るお守りと一緒ですよ!

自分を守るために証拠を取りましょう!

いかがでしたか?

証拠があるとどんなに良いのかお分かりいただけたかと思います。

 

私は証拠を取る前に元夫に問い詰めたせいで、その後本当に後悔しました。

 

「証拠を取っておけば良かった」という人はいますが、

「証拠を取らない方が良かった」と後悔する人はいません。

 

でも、

  • どうやって証拠を取ればいいのか?
  • お金ないし、自分で証拠を取りたい!
  • 探偵や興信所って怪しい・・・。

と色々と疑問もあるはず。

 

次回では、

『絶対慰謝料請求したい人向けの証拠の取り方』

を紹介します。

ロング記事ですがとても詳しく書きました。

 

自分で取る証拠の取り方や、探偵のメリット。

安く慰謝料請求できる証拠の獲得方法など、他にない情報を踏んだんに盛り込みました。

是非読んでみてください。

絶対に『慰謝料請求』したい人向けの証拠取得マニュアル 本記事ではこんな悩みにお答えします。 夫の浮気が発覚したら、慰謝料請求でき...

他記事でも、サレ妻さんに知って欲しいことを随時紹介してますので、参考になれば幸いですm(_ _)m