養育費問題

妊娠中に離婚した場合、父親に親権がいく可能性と養育費は貰えるのか詳しく解説します

悩むサレ妻
悩むサレ妻

妊娠中だけど離婚したい・・・。

でも色々とどうなるのか分からない。

悩むサレ妻
悩むサレ妻
妊娠中に離婚すると養育費って貰えないのかな?

 

妊娠中に離婚なんてあまり聞きませんが、役所の人と話した時、結構珍しい話ではないそうです。

 

様々な事情があるとはいえ、生まれる子供の今後についてはしっかりしておきたいですね!

 

  • 親権はどうなるのか?
  • 養育費はもらえるのか?

 

今回は、妊娠中に離婚した場合に親権や養育費はどうなるのか?

詳しくまとめました。

 

以下のような方に特におすすめの内容になっています!

  • 妊娠中だけど離婚したい方。
  • 妊娠中に離婚した場合、親権や養育費がどうなるのか知りたい方。

 

是非参考にしてくださいね!

妊娠中に離婚した場合、親権はどうなるのか?

妊娠中 離婚 養育費

離婚したとしても、十月十日一緒にいた子供の親権は取りたいですよね!

無事に親権は取れるのか?

詳しくまとめました!

妊娠中に離婚したら親権は母親になる

妊娠中に夫婦が離婚した場合、出産後の子供の親権は妻に行きます。

離婚すると籍から抜けて父親はいなくなるので、親権が母親になるのは当然ですね。

 

私も妊娠中に離婚を要求された時に弁護士に確認しましたが、親権は母親になると言われました。

出産後に親権を父親にすることも可能だけど・・・

妊娠中に離婚して、出産後は自動的に母親に親権がいくわけですが、父親に変更することも可能です。

しかし新生児の親権を父親にしたところで育児をするのは難しいですね。

 

基本的には双方が納得し、親権を移す手続きをしない限りは父親になることはありません。

離婚したら子供の戸籍に父親は載るのか?

離婚成立後300日以内に生まれた子供は母親が親権者であっても元夫の戸籍に入ることになります。

妊娠中に夫に不倫されて、子供の戸籍に父親を載せたくない!と思ってもしっかり載ってしまうのです。

 

これは民法772条にもしっかり記載されています。

<div class=”concept-box1″><p>

第772条

1妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。

2婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

</p></div>

 

離婚成立後300日以内に生まれた子供を母親と同じ戸籍に入れるためには「父または母の氏を称する入籍届」によって、母親の戸籍に入る手続きを行う必要があります。

 

マチ
マチ
入籍届は、離婚して子供の籍を移す時にも同じように提出する必要があります!

妊娠中に離婚した場合の養育費はどうなる?

妊娠中 離婚 養育費 

子供を育てるのにはお金がかかります。

離婚したとはいえ元夫の子供であるのには変わりありません。

養育費は貰えるのか詳しく解説していきます。

妊娠中に離婚しても養育費は請求できる

妊娠中に離婚しても出産後は、普通と同じように養育費は請求できます。

 

養育費は子供が育つために必要なお金を請求することができる、子供の権利です。

元夫の子供でいる限り、妊娠中に離婚しても変わりません。

 

子供のためにもしっかりと話し合って必要な分は請求しましょう。

養育費の具体的な話し合いは出産後に

妊娠中に離婚を考えている方は、生まれる前から養育費は貰えるのか気になると思います。

しかし実際に生まれてから出ないと、養育費の具体的な話はできないのです。

 

とりあえずは出産に集中し、無事生まれるように頑張りましょう。

まとめ

妊娠中 離婚 親権 養育費

いかがでしたか?

最後にもう一度確認しておきましょう!

今回の処方箋

妊娠中に離婚した場合の親権は?

  • 自動的に母親になる。
  • 親権を父親に変更もできる。
  • 離婚しても元夫の戸籍に入ってしまう。

妊娠中に離婚した場合の養育費は?

  • 離婚しても子供の養育費は請求できる。
  • 養育費の話は出産後に話し合いができる。

 

親権は取れて、養育費も貰えるのは助かりますね!

どんな状況でもしっかり育てられるよう環境を良くしていきましょうね!