慰謝料問題

妊娠中に夫から突然、離婚したいと言われた場合、慰謝料は取れるのか?

妊娠中 離婚したいと言われた
悩むサレ妻
悩むサレ妻
夫から突然、妊娠中にも関わらず離婚したいと言われた
悩むサレ妻
悩むサレ妻
妊娠中に離婚したいと言う夫から慰謝料請求はできるの?

 

妊娠中に離婚したいと言う夫がいることが信じられませんが、決して珍しいことでもないようです。

そして、突然離婚したいと言う夫にはかなりの高確率で女の影があります。

 

ほとんどは(というか全員?)不倫を隠して妻と別れて、不倫相手と結婚さえ考えている場合が多いのです。

 

マチ
マチ

酷すぎですし、卑怯ですよね!

でも多い・・・。

 

妊娠は女性にとっての一大イベントであり、出産は大きな仕事になります。

医療が進んでいる現在でも、出産は命懸けで何が起こるのか分からないのに、夫から「離婚したい」と言われるのは精神的におかしくなりますよね。

 

妊娠中に離婚要求をされて離婚するのは、慰謝料の対象になるのでしょうか?

今回はこの件について詳しく説明していきます。

 

特に読んでいただきたいのは以下のような方です。

  • 妊娠中に離婚したいと言われた
  • 妊娠中に離婚要求する夫とは離婚してもいい
  • 精神的苦痛として慰謝料要求したい

私も元夫に言われた時、「絶対慰謝料取ってやる!」と思っていました(笑)

与えられた精神的苦痛は、お金で解決する以外ないですからね・・・。

 

同じように苦しんでいる方に是非読んでいただきたいと思います。

妊娠中の離婚要求は慰謝料を貰えるのか

妊娠中 離婚したいと言われた

大事な時に、離婚したいという夫はいらないですね。

夫はいらないけどお金は必要です。

出産後に自分と子供を守るためのお金は絶対欲しいですよね!

妊娠中の離婚は慰謝料対象にはならない

そもそも慰謝料とは、

精神的苦痛という損害に対する賠償金のことを指します。

 

悩むサレ妻
悩むサレ妻
ということは、「妊娠中に離婚したいって言われて辛かったから慰謝料を貰える!」

と思うかもしれませんが、100%貰えるとは限りません。

 

慰謝料には、

  • 離婚慰謝料・・・望んでいなかったにもかかわらず、離婚せざるを得なくなったという精神的苦痛に対するもの
  • 離婚原因の慰謝料・・・離婚の原因となった相手方配偶者の不法行為(浮気・DV・モラハラ等)そのものによって受けた精神的苦痛に対するもの

この2種類に分かれ、「妊娠中に離婚する」ということだけでは対象になりません。

 

マチ
マチ
  • 離婚をせざるを得なくなった
  • 相手方の不法行為

この2つが重要になるのです。

 

そのため、夫に問い詰めた結果不倫を認めたとしても、その証拠がなければ「性格の不一致」とされた場合、慰謝料はもらえないのです。

妊娠中に不倫の証拠がなくても慰謝料対象になることもある

不倫の証拠が掴めなくても慰謝料の対象になることもあります。

 

それは「悪意の遺棄」です。

結婚した夫婦は、民法によって夫婦は同居し、互いに協力、扶助し合わなければならないという規定があります。

 

結婚して夫婦になった以上、

  • 同居義務(一緒に住まなければならない)
  • 協力義務(協力し合わなければならない)
  • 扶助義務(助け合わなければならない)

という三つの義務が生じるのです。

 

例えば、夫の不倫の決定的な証拠が取れなくても、

  • 生活費を入れてくれない
  • 別居されてしまった
  • 不倫相手の家に入り浸る
  • 何回も家出を繰り返す
  • 妊娠中に離婚要求をされて鬱になった

などの行為をした場合、悪意の遺棄の対象になると言われています。

 

マチ
マチ
不貞を犯して勝手に暴走して、これらのことをする人って多いのよね〜。

 

不倫の証拠も取れないし、慰謝料も取れないと嘆いている方は、是非「悪意の遺棄の対象」になっていないか確認してくださいね!

相手から離婚を要求された場合、高額な金額を貰うことができる方法

妊娠中 離婚したいと言われた

不倫するような人は、だいたい暴走するので証拠はなくても悪意の遺棄として訴えることはできます。

しかし、訴えることはできても慰謝料の金額はそこまで多くないのが実情です。

少しでも多くの慰謝料を貰いたい場合、やはり「解決金」で離婚するのが一番でしょう。

悪意の遺棄の慰謝料はそこまで高くない

夫の勝手な暴走で悪意の遺棄として訴えることは可能です。

しかし現実的な話、慰謝料の相場は50万円〜300万円ほどと言われており、ほとんどが数十万円くらいに収まってしまうそうです。

 

マチ
マチ
婚姻期間や悪質な行動の内容や期間や、子供の有無などで差は開いてしまうのです。

 

訴えることはいいことですが、見合ったお金は貰えない。

酷いことされたのに、慰謝料の金額は数十万ってすごく理不尽じゃないですか?

生活するためにはお金が必要です。

 

相場で片付けられて安くされるなら、以前にもオススメした「解決金」で離婚するのが一番高額な金額を貰うことができますよ!

解決金を貰って離婚することについて

解決金とは、相手の離婚したい意思に同意して離婚する代わりにお金を貰うことです。

当初、私はこの解決金にすごく違和感を感じていました。

 

もともとは私が相手の女性の影を見つけて夫に聞いたところ、夫から離婚要求されて別居に至りました。

離婚することには全く抵抗はありませんでしたが、精神的苦痛は相当なものでした。(今でも完全回復ではない)

 

元夫の不誠実な行動や発言を許せなかったので、悪意の遺棄として訴えたいと思っていました。

 

元夫が明らかに悪いということを、法律でしっかり裁いて欲しかったのです。

 

でも同時に1日も早く離婚して名前を変えたかった気持ちもありました。(息子の名前も早く変えたかった)

 

  • 結局離婚したいことには変わらない。
  • お金は多く貰いたい。(これくらいしか責任とらせられないから)
  • もう疲れた(これもかなり大きい)

 

以上の事から悪意の遺棄で訴えることはやめました。

元夫の「性格の不一致」で離婚した怒りはありますが、これからまだ払いきれていない高額の解決金をずっと払う元夫の方が大変だと思っています。

 

もし同じように悩んでいる方は、訴えたいのか、それともお金が大事なのかをよく考えて決めてください。

弁護士に相談するのも有効ですよ!

是非参考にしてくださいね!

 

妊娠中の離婚話の裏には不倫が隠されている可能性大。

夫も浮気相手も絶対に許せない!という方は、証拠を取得して慰謝料請求しましょう!

自分で証拠を取る方法や、今持っている証拠がどれだけ効力があるのか、無料で確認する裏技も載せています。

是非参考にしてくださいね!

絶対に『慰謝料請求』したい人向けの証拠取得マニュアル 本記事ではこんな悩みにお答えします。 夫の浮気が発覚したら、慰謝料請求でき...

まとめ

妊娠中 離婚したいと言われた

いかがでしたか?

最後に確認しておきましょう。

今日の処方箋

妊娠中の離婚要求は慰謝料を貰えるのか

  • 妊娠中の離婚は慰謝料対象にはならない
  • 不倫の証拠がなくても慰謝料対象になることもある

相手から離婚を要求された場合、高額な金額を貰うことができる方法

  • 悪意の遺棄の慰謝料はそこまで高くない
  • 解決金を貰って離婚するか、小額の慰謝料を貰って訴えるか

妊娠中に離婚したいという不届き者は、出産しても今後全く頼りにならないですよね。

それならきっぱり離婚して、しっかり養育費を貰う方がよっぽど精神的に良いです(笑)

 

不倫の証拠がなくても諦めずに頑張りましょう!

もし自分ではどうにもならない場合、いつでも相談してくださいね!

絶対に『慰謝料請求』したい人向けの証拠取得マニュアル 本記事ではこんな悩みにお答えします。 夫の浮気が発覚したら、慰謝料請求でき...