慰謝料問題

不貞行為なしだけど精神的苦痛で慰謝料請求ができた判例を紹介します

悩むサレ妻
悩むサレ妻
旦那と相手の女は不貞行為はないみたい・・・でも精神的苦痛で慰謝料請求したい!
悩むサレ妻
悩むサレ妻
不貞行為がなければ交際しても問題ないの?そんなの納得いかない!

 

不貞行為(肉体関係)の証明がないと不倫として慰謝料を請求できないのは有名な話ですよね。

しかし、不貞行為(肉体関係)がなければ何やってもOK!

慰謝料も請求されない!という事は無いとご存知ですか?

 

過去には『不貞行為がないのにもかかわらず、慰謝料請求できた』判例があるのです。

 

そこで今回は、

『不貞行為がなくても精神的苦痛で慰謝料請求ができるのか』

を詳しくご紹介したいと思います。

 

以下のような方は特におすすめの内容になっています。

  • 旦那が明らかに女と交際してるけどプラトニックを貫いている
  • 旦那の行動は怪しいけど不貞行為の証拠が取れない

是非参考にしてくださいね!

夫婦における不貞行為と不正行為とは

不貞行為なし 精神的苦痛 慰謝料請求

明らかに怪しい行動が多いのに、不貞行為がないだけで何も請求することができない。

問い詰めても、否定されるし逆ギレされるしで夫婦関係は益々悪化。

これで離婚になったら許せませんよね。

ではどんな内容だと慰謝料請求ができるのか、1つ1つ確認していきましょう。

不貞行為とは

そもそも不貞行為とは何か?

しっかり把握しておきましょう。

 

不貞行為とは、『夫婦間における貞操義務に違反する行為』のことを指します。

もっと詳しく説明しますと、

「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係を持つこと」

とされています。

 

これは、民放770条で定められています。

 

【第七百七十条】

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

どこからが不貞行為になるのか?と言うと、

「性行為があったか」

が焦点になります。

 

そのため、キスや手を繋いだことは不貞行為に当たらないのです。

不貞行為が確認できない理由だけで慰謝料請求もできずに交際を続けられたら、こちらも黙っていられませんよね。

 

不貞行為はない・・・でも度が過ぎた交際は「不法行為」にあたる可能性があります。

詳しくご紹介しますね!

不貞行為はなくても度が過ぎれば「不法行為」になる

不貞行為はなくても(確認できなくても)社会通念上の許容範囲を逸脱し、夫婦関係の悪化を招いていると認められた場合、不法行為として慰謝料請求が可能になります。

 

実は、不貞行為に対する慰謝料請求権は、

  • 夫婦一方が相手方に対して有する貞操権の侵害
  • 平穏な夫婦関係の破壊

としています。

 

そのため、例え不貞行為が見つからなくても

  • 相手の自宅に泊まる
  • 2人で旅行に行く

などの度が過ぎた関係は、夫婦関係の悪化を招く行為として慰謝料請求することも可能なのです。

 

マチ
マチ
不貞行為の慰謝料よりも金額は低くなりますが、請求をすることは可能なのですよ!

不貞行為なしでも慰謝料請求できた過去の判例を紹介!

不貞行為なし 精神的苦痛 慰謝料請求

過去に、不貞行為なしだけど慰謝料請求できた判例をまとめてみました。

内容や慰謝料金額も載せていますので是非参考にしてください。

不貞行為なしで慰謝料10万円を獲得した判例

【東京簡易裁判所 平成15年3月25日判決】

被告とAとの間に肉体関係があったことを認めるに足りる証拠はない。

被告とAとの交際の程度は、

  • 数万円もするプレゼントを交換する
  • 2人だけで大阪まで旅行する

など、思慮分別の十分であるべき年齢及び社会的地位にある男女の交際としては、明らかに社会的妥当性の範囲を逸脱するものであると言わざるを得ない。

恋愛感情の吐露と見られる手紙を読んだ原告が、被告とAとの不倫を疑ったことは無理からぬところである。

被告のこれらの行為が、

「原告とAとの夫婦生活の平穏を害し原告に精神的苦痛を与えたことは明白であるから、被告は原告に対し不法行為責任を免れるものではない。」

として10万円の慰謝料が認められた。

 

マチ
マチ

慰謝料10万円はやっすい・・・。

でも正式に認められることが大きな成果だと思います!

不貞行為なしで慰謝料70万円を獲得した判例

【東京地方裁判所 平成17年11月15日判決】

原告(夫)は妻からAと交際しており結婚しようと思っていると告げられ、肉体関係を結んだとまでは認められないが、互いに結婚を前提に交際した上、被告は原告に対して結婚させて欲しい旨懇願し続けた。

その結果、妻は家出して別居となり離婚するに至ったものであり、

「肉体関係がない場合であっても、第三者が婚姻生活を破壊したと評価できれば違法たり得る。」

として70万円の慰謝料が認められた。

マチ
マチ

不貞行為の慰謝料請求でも、「離婚」が絡むと額が高くなります。

とはいえ70万も安い・・・。

同じようなことを繰り返さないためにも、もっと高い慰謝料額にして欲しいですね!

不貞行為なしで44万円の慰謝料を獲得した判例

【大阪地方裁判所 平成26年3月判決】

被告(同僚女性)が原告の夫のアプローチをはっきりと拒絶せず、逢瀬を重ねて二人きりの時間を過ごしたことは、社会通念上、相当な男女の関係を超えたものと言わざるを得ない。

家庭内で問題を抱える夫に無謀な期待を抱かせたものであり、被告(同僚女性)の態度と、夫の妻(原告)への冷たい態度には因果関係がある。

よって、

「被告は原告に対し、不法行為による損害賠償義務を免れないというべきである。」

として220万円の請求に対して44万円の慰謝料が認められた。

 

※このケースでは、男性と被告の同僚女性の間に肉体関係があったかどうかが争点になったものの、花火大会を観覧した前後についても、夫がビジネスホテルに到着した記録が残っていることや、別れ際に女性がキスを避けたことから、肉体関係を「認めるに足る証拠はない」と判断した。

さらに、滋賀県内のホテルでの出来事についても、別々のエレベーターで居室に向かったことや、2人のチェックアウトに2時間以上の差があることなどから、2人が肉体関係を有するに至ったとは認められないと結論づけられた。

マチ
マチ
夫の妻が、相手の女性に対して慰謝料請求したケースになります。

芸能人のように、同じホテルに泊まってもチェックアウトの時間をずらしたり、一緒にいることが確認できなければ「不貞行為」とは認められないわけです。

「不貞行為」の壁って結構高いですね・・・。

不貞行為なしだけど精神的苦痛で慰謝料請求をするポイント

不貞行為なし 精神的苦痛 慰謝料請求

金額は少ないとはいえ、夫や相手女性に慰謝料請求の制裁は与えたいと思う方は多いはず。

そこで、判例を元に慰謝料請求を行うポイントをまとめました。

是非参考にしてください。

夫婦関係の破壊と認められる証拠を集める

不貞行為はないけど、夫婦関係が破壊したと思われる証拠集めをする必要があります。

 

証拠が1つだけでは言い訳をされて認められない可能性が高いです。

複数の証拠があることで慰謝料請求ができる可能性がグッと上がります。

 

例えば、

  • 夫の帰りが遅い日にちや帰宅時間などを日記につける。
  • 携帯での女性との親密なやりとりを残しておく。
  • 夫の外泊の記録。
  • 見覚えのない高額なプレゼントの購入の記録。

などです。

また他にも、夫婦関係が悪化した内容も記録しておきましょう。

  • 別居した。
  • 離婚要求をされた。

などです。

慰謝料の額は安くなる覚悟をする

実は私も、元夫の相手女性に夫婦関係悪化として慰謝料請求したい!と弁護士に話したことがありました。

 

しかし弁護士はあっさり却下(笑)

 

「請求はできるけど、安いし割りに合わないよ」

とのことでした。

 

婚姻期間が短かったこともあり、離婚に至るとしても100万はならないとのことでした。

 

さらに弁護士にお願いしたら、着手金+成功報酬で結局手元に残る金額は限られてしまいます。

 

最悪マイナスになる可能性もあるわけです。

 

それでも相手女性に「慰謝料」と言う制裁は与えたいと思いますよね。

手元に残る金額は多くないけど訴えたい!と言う方は是非頑張ってください!

まとめ

不貞行為なし 精神的苦痛 慰謝料請求

いかがでしたか?

最後に確認しておきましょう。

今日の処方箋

夫婦における不貞行為と不正行為とは

  • 不貞行為とは
  • 不貞行為はなくても度が過ぎれば「不法行為」になる

不貞行為なしでも慰謝料請求できた過去の判例を紹介!

  • 不貞行為なしで慰謝料10万円を獲得した判例
  • 不貞行為なしで慰謝料70万円を獲得した判例
  • 不貞行為なしで慰謝料44万円を獲得した判例

不貞行為なしだけど精神的苦痛で慰謝料請求をするポイント

  • 夫婦関係の破壊と認められる証拠を集める
  • 慰謝料の額は安くなる覚悟をする

不貞行為の証拠は取れなかったけど、明らかに夫婦関係の破壊になってる!という方は結構いるのではないでしょうか?

例え証拠がなくても泣き寝入りする必要はありません。

 

怪しいと思った時点から、怪しい行動は細かくチェックしておいてくださいね!