慰謝料問題

【絶対に浮気認定させたい人へ】不貞行為の立証が難しいケースを紹介

不貞行為 立証 難しい
悩むサレ妻
悩むサレ妻
夫の浮気の証拠ゲット!この証拠なら勝てるよね??
悩むサレ妻
悩むサレ妻
どこまでの証拠で不貞行為として認められるんだろう・・・。

 

この証拠は不貞行為として認められるんだろうか?

 

夫の不貞行為が認められるのか?心配になってこの記事を開いたのではないでしょうか?

 

  • 夫が隠れて女と会ってる
  • 夫が他の女に夢中になってる

 

許せませんよね。

相手の女性にもしっかり慰謝料請求したいですよね?

 

不貞行為としてしっかり認めさせるにはそれなりの証拠が必要になります。

しかし、

  • どこまでの証拠だと認められるのか?
  • この証拠だと認められないのか?

自分で判断するのは危険かもしれません。

 

そこで今回は、

『不貞行為の立証が難しいってどんなケースか?』

を詳しく紹介していきます。

 

特に以下のような方にオススメの内容になっています。

  • 離婚して夫に慰謝料請求したい!という方
  • 相手の女に慰謝料請求したい!という方
  • 浮気を否定している夫に認めさせたい!という方

妻を馬鹿にする行為許せませんよね?

しっかり不貞行為として認めさせて懲らしめていきましょう!

そもそも不貞行為とは?

不貞行為 立証 難しい

不貞行為って何?って聞かれて答えられますか?

まずは不貞行為とはそもそも何か?を学んでいきましょう。

不貞行為とは『配偶者以外の相手と性交渉を行うこと』

結婚した夫婦には貞操義務が課せられます。

貞操義務とは、「配偶者以外の者(夫または妻以外の人)と性的関係を結ばないこと」としています。

 

これに違反し、配偶者以外の人と性交渉をすることを不貞行為というのです。

不貞行為の立証が難しいケースを紹介

不貞行為 立証 難しい

夫に女の影があると感じれば、誰でも浮気確定!って思いますよね。

どんなに怪しくても不貞行為の立証が難しいケースがあります。

どういった内容だと立証が難しいのか。

是非参考にしてください!

1、配偶者以外の異性と肉体関係の事実がない

不貞行為の立証を得るためには、確実な『肉体関係の事実』が必要になります。

 

そのため、

  • 外泊
  • 女との旅行
  • SNSでの怪しいやりとり

などでも立証が難しいと言えます。

 

LINEなどの会話で「また会いたいね〜!」くらいじゃ全然ダメってことです。

肉体関係を持った会話や、写真などがあったら不貞行為確定を言えるでしょう。

2、脅迫されて肉体関係を持った場合は不貞行為にあたらない

そもそも不貞行為は、自由な意思のもとに行われた行為としているので、配偶者のある人が脅迫されて無理やりに肉体関係を持ったことは、不貞行為にあたらないとしています。

 

あまり男性側が脅迫されて・・・というのはないかもしれませんね。

弁護士が言っていた不貞行為立証が難しいケース

私も元夫を不貞行為として訴えたかったので、弁護士に相談したことがありました。

マチ
マチ
不貞行為の立証は簡単なことではなく、肉体関係の有無が分かるものがない限りは結構難しいと言ってましたね。

 

例えば弁護士が依頼されたケース。

ある奥さんの夫と相手女性がお忍びで旅行に行き、2人が腕を組んでいる写真を見つけてしまったそうです。

これを証拠に不貞行為として訴えたそうですが、裁判官は認定してくれなかったそうです。

 

旅行先は泊まりが必要な遠方で、肉体関係を怪しまれてもおかしくないにも拘らず・・・です。

 

同じように、某元アイドルグループ出身のある女性議員と、歯科医師の資格を持つ同じく議員の男性の不倫報道があったと思いますが、あれも不倫として認定されてないんじゃないでしょうか?

 

同じホテルに泊まってても、新幹線の中で一緒に手を繋いでいても

「一線を超えてない」

と言い張って不貞行為にはなっていないと思います。

 

周りが明らかに「おかしいよね・・・」と思う行動をしててもです・・・。

 

悔しい・・・ですよね。

どう見てもおかしいのに。

悔しい思いをせずに、絶対に不貞行為として立証するには確実な証拠が必要なのです。

まとめ

不貞行為 立証 難しい

いかがでしたか?

不貞行為かどうかは単純なことで、「配偶者以外とやったかどうか」ってことですね( ;∀;)

 

1つの証拠では難しくてもいくつかの証拠が集まれば不貞行為の認定がされるかもしれません。

 

しかし不貞を働いた人は、かなりの高確率で否定します(笑)

確実な証拠があっても否定します。

 

でも不貞行為かどうかは裁判官が決めることなので、証拠を突きつけてしっかり裁いてもらいましょう。

慰謝料を取りたい!と考えている方は、是非参考にしてくださいね!