成功の秘訣

不倫した夫への感情が爆発!関係悪化を防ぐために感情別の対処を紹介します

悩むサレ妻
悩むサレ妻
不倫した夫が憎い
悩むサレ妻
悩むサレ妻
不倫された事が悲しくて辛い・・・
悩むサレ妻
悩むサレ妻
もう前みたいに戻れないのかな?

 

不倫した夫が許せなくて辛い気持ち、すごく良くわかります。

こんなに責めたくないのに感情が溢れて止まらない時もあるでしょう。

なぜ私はここまで苦しめられるのか、理不尽ですよね?

 

不倫した夫に対して様々な感情が出てくると思いますが、夫に感情をそのままぶつけてはいけません。

責めすぎて関係が悪化し、元に戻れない場合もあります。

マチ
マチ
私がそうでした

 

辛い気持ちはとても良く分かりますが、一旦落ち着いて感情は上手く伝えるようにしましょう。

 

感情的になると平静を保てずに言いすぎてしまうので、ここでは感情別に必要な対処をご紹介します。

  • 不倫されて気持ちがぐちゃぐちゃ
  • とにかく夫を責めるのを止められない
  • 今後どうしたらいいのか分からない

このような方に読んでいただく事で、辛い気持ちが和らぎ解決の糸口が見えて、無駄に夫を責めないようになります。

自分はどうしたいのか、自分の気持ちに向き合ってくださいね!

不倫した夫を責めて良い事はない

信じていた夫が不倫して責めない人っているのでしょうか?

大切な存在ほど、裏切られたら怒りの気持ちも強くなりますよね。

だからと言って、夫を責めて良い事は1つもないのです。

責めすぎると夫は引く

不倫しておいて何言ってんの?と言いたくなりますが、不倫した側は責められすぎると引いてしまう可能性があります。

 

サレ妻としては信じられませんが、不倫する人はしない人と比べて考え方が非常に短絡的です。

その時良いと思ったら行動する、何も考えていない人なのです。

 

そんな人が責められすぎると、「こんなに責められるなんてもう嫌だ!」となる可能性があるのです。

そうなると離婚まで一気に加速してしまいます。

 

無責任な夫なんていらない!という人もいるかもしれませんが、責めて良い事はないので、責めすぎないことだけ頭に入れておいてください。

不倫した夫への感情別の対処法

『不倫した夫を責めすぎてはいけない』ではどうしたら良いのか?

ここでは、夫への感情別に分けて必要な対処をご紹介します。

自分の気持ちと向き合って、最適な対処をしてくださいね!

1、悲しい気持ち

  • 不倫されて悲しい
  • 辛い
  • 苦しい

ここでの気持ちは、不倫されて悲しい気持ちになります。

 

夫への不信感もあり、「なぜ酷いことをするのか」という気持ちの状態です。

オススメの対処としては、身近な人に話し、客観的な意見を言ってもらうのがオススメです。

悲しい気持ちの時は、「なぜ?」の気持ちがループしてしまい、普通ならすぐ分かる事が分からなくなります。

話をよく聞いてくれて、しっかり自分の意見を言ってくれる年上の女性がオススメですよ。

2、怒りの気持ち

  • 不倫した夫が許せない
  • 憎い

ここでの気持ちは、不倫されて許せない気持ちになります。

 

許せないという気持ちの裏には、不倫された事を認められない感情が隠されています。

怒りの気持ちはとにかく吐き出したくて、周りの人にたくさん話しがちです。

しかし話したところで気持ちが晴れる事はありません。

どんなに話したところで、なかなか消えないのです。

マチ
マチ
私は怒りの気持ちから抜け出すのが大変でした。

 

オススメの対処は「本を読む事」です。

怒りの対処の本は多く出ており、私は本を読んだ事で、周りに愚痴を話しまくるより全然気持ちが楽になりました。

本は、自分の気持ちを告げる事はないのですが、本の内容がダイレクトに自分に伝わりやすくオススメです。

3、仕返ししたい気持ち

  • 罰を与えたい
  • 仕返ししたい
  • 懲らしめたい

ここでの気持ちは、不倫されて仕返ししたい気持ちになります。

 

悲しくて辛くて、憎い気持ちから罰を与えたいと思うサレ妻は多いです。

罰の方法として、

  • 何か買わせる
  • スマホをいつでも見せる
  • GPSをつけさせる

 

結構過激な人もいます。

また仕返しの方法として、自分も不倫する人もいます。

 

夫に罰を与えたい気持ちも分かりますが、何もしないほうがいいです。

デメリットしかありません。

しかし離婚してもいい!という人は、自ら不倫する以外は何してもOKです。

離婚したくない人は、何もしない事が一番だと覚えておいてください。

まとめ

いかがでしたか?

『関係悪化を防ぐために感情別の対処について』ご紹介致しました。

今回のように起こる感情を分けて、それにあった対処をする事で関係が完全に壊れるのを予防します。

 

言い過ぎたと言っても修復不可能な関係になったら終わりです。

後で後悔しないように、夫は責めすぎないように気をつけましょうね。