浮気相手に

夫の不倫相手の女に完全に勝利したい!感情別に必要な対処法を伝授します

悩むサレ妻
悩むサレ妻
不倫相手の女許さん!
悩むサレ妻
悩むサレ妻
不倫相手の女は訴えてやる!

 

夫の不倫が発覚したら、当然相手の女性も許せませんよね。

マチ
マチ
私は相手の住所も分かっていたので乗り込もうとしました(笑)

 

子供が生まれる事もあり、修復するのが当たり前だと思っていた私は不倫相手の女を攻撃しないようにしました。

あまり相手の女を攻撃すると、夫がムキになりそうだと思ったからです。

しかし夫から離婚したいと言われ、妊娠中だった私は体を壊し寝込んでしまったので、結局制裁を加えることができませんでした。

最初から離婚するんだったら徹底的に暴れれば良かったと、すごく悔やんでいます。

 

家庭を壊す原因だった女は絶対に許せないですよね?

「女が憎いからどうにかしてやりたい!」だけではダメです。

あとで後悔しないように、不倫女には完全に勝利しなくてはいけないと思うのです。

完全に勝利するってどんなことだか分かりますか?

私が思う完全勝利とは、

  • 慰謝料請求
  • 別れさせる
  • 社会的制裁を加える

以上の3つになります。

 

ただどこまで女を責めたいのかはサレ妻によって違うと思います。

まずは相手の女への感情を整理して、本当に自分はどうしたいのか向き合ってみませんか?

今回紹介する記事では、『不倫相手の女に完全に勝利するために感情別の対処法』を紹介したいと思います。

この記事を読んで感情を整理する事で、何をして制裁を加えれえばいいのか明確にする事ができます。

 

私は現在離婚してこの騒動は終わってしまいましたが、唯一の後悔は相手の女と接触しなかった事です。

後悔が残ると今後の人生に響きます。

不倫されてしまった事は戻せませんが、今後後悔しないですむ方法はあるのです。

是非今回の記事を参考にしてくださいね。

不倫女に完全勝利するための感情を整理する

不倫相手の女に思う感情ってただ憎いだけではないですよね?

まずは感情を整理することから始めて見ましょう。

不倫女への感情は大きく分けて3つある

以前の記事で、不倫相手の女への感情(私の)をまとめてみました。

  • 憎い
  • 懲らしめたい
  • 訴えたい
  • 不倫をやめてほしい
  • 反省してほしい
  • 地獄に落ちてほしい

大まかに、サレ妻の思う感情はこんな感じだと思います。

これらを分けますと、大きく3つに分けることができます。

  • 怒り(憎い・懲らしめたい・地獄に落ちてほしい)
  • 制裁(慰謝料請求・訴えたい)
  • 願い(不倫をやめてほしい・反省してほしい)

これ以上にありましたらご連絡ください(笑)

 

おそらくこのような感じだと思います。

もしこれが全て叶ったらすごくスッキリしませんか?

続いては感情別の対処法を紹介します。

不倫女に完全勝利するための感情別対処法

不倫女に勝利するための要素は分かりました。

ここではもっと『具体的にどう動くのか』を私の考えでご紹介していきます。

1、怒りの感情の対処法

怒り(憎い・懲らしめたい・地獄に落ちてほしい)の感情は、一番サレ妻が思う事でしょう。

SNSでも多くのサレ妻がいますが、9割(10割?)が怒りの感情に溢れています。

家庭が壊れる原因になったので当然ですね。

 

この怒りの感情がスッキリするのはどうしたらいいのか考えたところ、

  • 周りにバラす
  • 会社にバラす
  • 家族にバラす

など、周りにどんな女か知ってほしい気持ちが一番かなと思いました。

 

ただプライバシーの問題があり、SNSなどでバラすと逆に訴えられます(笑)

会社にバラすことも訴えられてしまうでしょう。

 

家族へのバラしは、不倫女の家族も混ざって家族会議させたという人もいたので、バラすことは可能だと思います。

家族が同居の場合、不倫で訴えると家に裁判所からの手紙も届くので、それでバラすことも可能です。

また訴えられるとそれだけで大体不倫相手は慌てます。

 

周りに100%バラす事は難しいと思いますが、不倫で訴えられれば大体噂は立ちますし、不倫女も痛い目見るでしょう。

怒りの感情の消化は『不倫女を訴える』ことがオススメです!

2、制裁の感情の対処法

制裁(慰謝料請求・訴えたい)を加えたい!

この感情もほとんどのサレ妻が思う事でしょう。

 

訴えるためには、確実な不倫の証拠が必要です。

確実な証拠がないと、どこまでもしらばっくれます。

 

ただしここで知っておいてほしいのが「意外と金額は取れない」という事。

慰謝料の金額は、

  • 夫婦が離婚するかしないか
  • 子供の有無

などで大きく変わります。

 

さらに確実な証拠が無いために探偵を雇うと、最終的にもらえる額がかなり少なくなる可能性もあります。

ただ、取れるお金がないから請求しないのはあとで後悔が残るのです。

 

私は、最後まで不倫していないで通されてしまいました。

徹底的に調べて、お金が取れなくても不貞をした事実を突きつけたかった後悔はあります。

どちらをとるかは人によりますが、後悔するくらいなら徹底的にやるのが一番かなと、私は思います。

3、願いの感情の対処法

願い(不倫をやめてほしい・反省してほしい)気持ち。

離婚せずに再構築をする場合に起こる感情だと思います。

 

この場合は慰謝料請求もいいですが、直接会って不倫をやめる誓約書にサインをしてもらうのが一番ですね。

この方法は多くの人が行なっていますし、ネットにも詳しく出ています。

 

不倫を解消する事、再度不倫したら慰謝料請求する事を取り決める事で、不倫女に痛い目を見せることができます。

ただしここまでやると、夫婦仲が悪化する可能性は高いです。

  • 絶対に離婚はしない!
  • 仮面夫婦でもいい!

 

以上の覚悟があればしっかりやりましょう!

まとめ

いかがでしたか?

最後に確認しておきましょう。

『不倫女に完全勝利するための感情別対処法』
  • 周りにバラす
  • 慰謝料請求する
  • 不倫解消の誓約書にサインさせる

不倫の内容や相手など状況は違うので、臨機応変に行動できることが大事です。

一番大事なのは、『徹底的にやる意思』です。

 

もういいかな、と思うとそこまでです。

女のプライドとして、後悔しないように頑張ってください!