元夫との馴れ初めから離婚まで

不妊治療して授かったけど、夫の不倫によって離婚した話18〜弁護士の相談〜

前回は、離婚要求が止まらない元夫のライン攻撃から自分を守る為に、弁護士さんに相談をすると決めた話をさせていただきました。

 

今まで離婚の素振りが全くなかったこともあり、離婚要求は寝耳に水でした。

皆んな理解することができないまま、元夫はどんどん離婚しろ!と言ってくるようになったので、完全に元夫のペースになっていたと思います。

 

マチ
マチ
本当に早く離婚した方が良いのでは?って皆んな思ってました(汗)

 

どうするのが一番最善なのか?

自分たちでは判断できなかったので、弁護士を入れることに決めたのです。

元夫の離婚要求から身を守る為に弁護士に相談することを決める

弁護士の選び方は初心者にはかなり難しい

離婚するにあたって、弁護士を入れる人入れない人がいますが、両親から

「絶対入れるべき!」

というアドバイスで依頼することに決めました。

 

普通の人はあまり弁護士に依頼することはほぼないと思います。

私も初めてだったので、ネットで検索しながらどの弁護士に頼むのか悩んでいました。

結果的に、親戚のおじさんが昔会社関係でお世話になった弁護士を紹介してもらうことになったのです。

 

マチ
マチ
割と誰かの紹介で依頼するパターンが多いみたいですね!

 

この後からまたお話ししていきますが、

紹介だから間違いない!

というのはありません。

 

弁護士選びは初心者にはかなり難しいですが、できれば何件かあたって決めることを強くお勧めいたします( ;∀;)

 

自身の経験から書いた過去記事です。

弁護士の選び方が分からない方は是非参考にしてください。

弁護士事務所はかなり殺風景だった

ドラマの影響から、弁護士事務所は綺麗で高価なものが置いてあるイメージがありました(笑)

イメージとは全く違い、事務所はかなり殺風景で逆に心配になりました( ;∀;)

 

基本的に弁護士に相談する際には予約が必要です。

たまたま弁護士が時間があったのか、そのまま相談となりました。

 

相談の前に何の依頼なのかを用紙に記載するように言われました。

書いた内容は、

  • 名前や住所などの個人情報
  • 相手の名前や職業などの個人情報
  • 何の相談か
  • 事の経緯

などでした。

難しいことを書くわけでもなくスラスラと書けていた気がします。

 

そして弁護士の先生とご対面。

親戚のおじさんから、企業の顧問弁護士をしている強気な先生だと聞いていたのでイメージと全く違いました。

正直この先生で大丈夫かと思ったのが第一印象です(笑)

まとめ

弁護士の先生と話す機会もないし、どの先生にするのかの判断って難しいと思います。

当時に戻れるなら、別の弁護士の先生にも相談したかったな・・・と今では思います(笑)

 

この先生でもいいと思う所もあったのですが・・・。

それについてはまた詳しく紹介していこうと思います( ^ω^ )

 

今回も最後までお読みいただきまして有難うございます。

また読んでいただけたら嬉しいです( ^ω^ )