元夫との馴れ初めから離婚まで

不妊治療して授かったけど、夫の不倫によって離婚した話19〜弁護士ってこんな感じ?〜

前回は、離婚を迫る夫から自分の身を守る為に紹介してもらった弁護士に早速会いに行った話をさせていただきました。

 

マチ
マチ
この弁護士は、恵俊彰さんにすごく似てて会うたびに勝手に「恵さん・・・」と思ってました(笑)

 

紹介してくれたおじさんが「有能な人」だと推していたので、想像で強そうな人だと思っていました。

実際はガリガリで、声も甲高いおっさんでした(笑)

ちょっと不安に思いながらも、相談をしてみました。

弁護士ってこんな感じ?

頭の回転が早いせいか、早口&話が飛びすぎ

恵先生は、私が相談内容を話すと婚姻歴と元夫の会社のHPを見て

「取れて100万かな?あんまりお金ないんじゃない?」

と話し始めました。

 

とにかく早口で話が飛びすぎてて、元夫の話をしたと思えば自分の自慢話ばかり。

 

  • 自分は弁護士歴も長いから裁判所に顔が利く
  • 他の弁護士はバカばっかり

このようなことをバーっと話し、自分が如何に優秀なのかひたすら話していました。

 

当時は私の精神がおかしかったので理解できませんでしたが、きっと

「俺に依頼した方がいい」

と言うアピールだったのだと思いました。

話は戻って、私の場合の「一番お金を取る方法」を話し始めた

話の中で、「結局、如何に多くの金額を取れるかの、勝つか負けるかしかない世界」だと感じました。

 

この時の私は、元夫から多くのお金を取ってやる!と言う気持ちは薄かったのですが、恵先生は私の場合の「一番お金を取る方法」を話し始めたのです。

 

弁護士は法律だけじゃない。

心理戦が非常に重要だと感じました。

まとめ

弁護士の優秀かそうではないかの判断の1つは、「経験値」だと思いました。

勝つ為(お金を出させる為)に、どう動くか動けるのかって弁護士によって違います。

 

弁護士を選ぶ基準に、「弁護士歴が長い先生」で探すのも良いと思いますよ!

 

今回も最後までお読みいただきまして有難うございました!

また読んでいただけると嬉しいです( ^ω^ )