【無料】サレ妻が幸せになるための手引書
元夫との馴れ初めから離婚まで

不妊治療して授かったけど、夫の不倫によって離婚した話36〜お金を払いたくない元夫〜

前回は、元夫と父の2人で離婚の際に支払うお金について話し合った話をご紹介させていただきました。

 

離婚の話が出た時、元夫は絶対にお金について調べてるなって思ってました。

財産分与や養育費、慰謝料などをネットで調べ、自分には養育費くらいしかないだろうと思っていたと思います。

 

が、実際はお金を請求されるという・・・(笑)

不倫の決定的な証拠が取れたわけではないので、慰謝料は発生しません。

しかし、片方が離婚したいと言っても簡単にはできません。

それなりのお金を払ってもらうのは当然なんですよ・・・。

マチ
マチ
私も今まで知りませんでした・・・。

 

あまりにも元夫が払える金額が少ないため、もう少し考えて連絡してと伝えた後の続きをご紹介します。

あるのにお金を払いたくない元夫

最終的に離婚はお金の話しかない

離婚してつくづく思ったのが、

「最終的に離婚はお金の話しかない」

ということです。

 

  • いくら払えるのか
  • その金額じゃ離婚は無理

 

それしかない世界だと思いました。

もちろん子供がいれば親権の問題もあるでしょう。

 

私の場合は元夫が子供を引き取るつもりは一切なかったので、お金の話のみでした。

 

元夫とは信頼関係は無くなってしまったので、夫婦でいることは無理だと理解していました。

しかし、この頃は自分の気持ちよりも周りが離婚にどんどん進んでいる気がして、

もう少し自分の中で整理したかったと今では思います。

 

離婚の当事者となると混乱して上手く考えるのも大変だと思いますが、

自分が納得するまでは周りに動かないでもらうようにしましょう。

 

マチ
マチ
納得するまでは数ヶ月でも数年かかっても全然良いと思います!

そんな人かと改めて思った

話し合いから割と早く父の携帯に連絡がありました。

もちろん元夫からで、離婚の際に払うお金はやっぱり「70万で」とのことでした。

 

父は激怒して

「だったら弁護士入れるからな!」

と言っていました。(短気だもんで・・・)

 

70万は決して安い金額ではないですし、無いよりは良いと思います。

しかし、当時元夫は

  • 1千万の高級外車を購入。
  • 100万単位の腕時計を2個所有。
  • 10数万円の靴をいくつも所有。
  • 毎月服に20万円かけてると言っていた。

 

マチ
マチ
私はそんなに買ってないし、貰ってた生活費より元夫の服代の方が高いというw

 

とにかくブランド買いまくりでしたし、アパートに無造作に置いてあった現金数十万円が離婚騒動で消えていました(笑)

 

お金が無いわけじゃない。

でも払いたくない。

 

結局元夫は自分を守りたいだけかと、落胆したのを覚えています。

ブランドばかりで身を固めて一体何になるのか?

聞けばよかったです(笑)

 

結局話し合いは決裂し、弁護士の先生に頼むことにしました。

まとめ

私のこと嫌いで離婚したいでも、不倫相手と再婚したいから離婚したいでも良いです。

 

ただ、最後の最後で不倫を隠してお金も払わない態度は、人間性が出てるな〜って思いました。

誠実な態度をとってくれていれば、こんなに苦しむことはないのに・・・。

いや、そもそも誠実な人はこんなことしないですね(笑)

 

今回も最後までお読みいただきまして有難うございました!

また読んでいただけたら嬉しいです( ̄▽ ̄)

【無料】サレ妻が幸せになるための手引書