元夫との馴れ初めから離婚まで

不妊治療して授かったけど、夫の不倫によって離婚した話37〜婚姻費用の申し立て〜

前回は、離婚するにあたってお金の話をするも、渋って出さない元夫に呆れて弁護士を入れる話をした話を紹介させていただきました。

 

 

この頃の私は、元夫に対して怒りすぎて

「お金なんかいらない!」

と思っていました。(今思えばヤバイ)

 

離婚に対して頭が働かないのと同時に、離婚するなら一切の縁を切りたい!と思ったからです。

 

でも現実は・・・、お金は必要ですね(笑)

マチ
マチ
冷静でいてくれた両親には感謝しています(^^)

 

今回は「婚姻費用の申し立て」の話をさせていただきますね!

婚姻費用の申し立てを行う

弁護士の先生にお願いした理由は2つ

今ではネットを開けば、自分で行う調停の手順が詳しく掲載されていますが、私は弁護士に依頼しました。

 

理由は2つです。

 

1つ目に、まもなく出産だったから。

2つ目は調停や裁判になった時に、全く知識がなかったからです。

 

ほとんどの方が初めてのことで不安になると思います。

弁護士に依頼すればお金はかかりますが、間違いなく安心だと思ったので依頼しました。

(両親が絶対入れろとうるさかったのもありますが・・・)

 

でも実際やってみると、本当になんてことないので、もし今後再婚してまた離婚騒動になった時は全て自分で行おうと思いました(笑)

 

マチ
マチ
婚姻費用の調停くらいなら自分で行ったほうがいいと思いますよ!

まとめ

婚姻費用の調停は本当にやって良かったと思います。

 

相手の不倫やDVなどで別居する人もいるかと思いますが、その際には絶対婚姻費用の請求をしましょう。

結構請求せずにいる方も多いようなので、今度まとめて紹介したいと思います!

 

今回も最後まで読んでいただき有り難うございました!

また次回も見ていただけたら嬉しいです( ̄▽ ̄)