元夫との馴れ初めから離婚まで

不妊治療して授かったけど、夫の不倫によって離婚した話38〜調停の準備開始〜

前回は、弁護士に相談し、婚姻費用調停を申し立てることに決めた話をさせていただきました。

 

婚姻費用の件は知りたい方も多いと思いますので、詳細にまとめていこうと思います。

 

と言っても私は弁護士に依頼したので、

弁護士に依頼を考えている方は参考になるかと思います。

 

是非参考にしてくださいね!

婚姻費用調停の準備を始める

婚姻費用の申立てのために必要書類を準備する

婚姻費用分担請求調停には、いくつかの必要書類があります。

  • 婚姻費用の申立書
  • 戸籍謄本
  • 収入が分かる書類(源泉徴収・給料明細など)

 

申立書は弁護士が作成してくれるので、私は戸籍謄本と収入が分かる書類を提出することになりました。

 

戸籍謄本は「本籍地の役場」でしか取れないので、

元夫の地元に変更した私は何度も足を運ぶことになりました。

 

もう2度と足を踏み入れたくないと思うほどの土地に、何度も行くのは頭がおかしくなりそうでした。

 

この戸籍謄本は、郵送でも送ってくれるようですが、毎回取りに行っていました。

できることは早く済ませたいと思ったからです。

 

マチ
マチ
遠方の方は郵送で取り寄せることをオススメします!

まとめ

婚姻費用の申立てに必要な書類を揃えるのは大変ではありませんが、初めての場合だと分からないことも多いですよね。

 

婚姻費用や離婚調停・そして離婚にはたくさんの書類が必要でした。

何回市役所に足を運んだことか(笑)

 

それでなくてもイライラすることを始めるので、精神状態も悪くなりやすいです。

なるべく落ち着いて1つ1つクリアしていってくださいね!

 

今回も最後まで読んでいただきまして有難うございました!

また読んでいただけたら嬉しいです( ̄▽ ̄)