元夫との馴れ初めから離婚まで

【元夫との出会いから結婚まで④】尽くしすぎると将来裏切られるのか?

相手のために何かしてあげたい。

相手に喜んでもらいたい。

 

誰だって湧いてくる感情だと思います。

相手に尽くして応援すると、感謝の気持ちが湧いてくるのは普通ですよね?

 

しかし中には、尽くされる事に慣れて、自分が相手より上の存在だと勘違いする人もいます。

マチ
マチ
迷惑な話です・・・

 

よく、「尽くしすぎは良くない」と言いますが、果たしてどうなのでしょうか?

私が元夫に尽くしすぎた結果起こった、お互いの関係についてご紹介したいと思います。

元夫に尽くしすぎて起こった2人の関係性

最近は相手に尽くすことが損だというような話も聞きます。

しかし、好きな相手の為に応援することは尽くしすぎなのでしょうか?

まずは私と元夫に起こった事をご覧ください。

夢追い人の元夫の涙で尽くしモード発動!

夢のなかった私にとって正反対の夢追い人だった元夫はとても新鮮な存在でした。

 

なんとなく元夫の夢が叶うように手伝ってあげていましたが、ある日元夫が大失態をします。

それによって掴みかけてた夢が遠のいてしまい、元夫は絶望的になっていました。

 

泣く元夫
泣く元夫
もう無理だ

今でも覚えています。

ラーメン屋でラーメン食べながら話していました(笑)

 

泣きまくる元夫を家に届け、私は家に帰ったのですが元夫の涙を見て「一緒に頑張りたい!」と尽くしモードに入ってしまったのです。

元夫の夢を応援する為に同棲を開始

夢を追いかけるなら元夫1人より、私合わせて2人ならきっと上手くいく!と信じて疑わなかった私は、元夫と同棲を開始しました。

同時に全ての家事を引き受けて、夢のサポートもしました。

 

私は元夫の夢のためならと、勉強したり泊まり込みで資格取得に励んだりと本気でサポートに徹していました。

マチ
マチ
今思えばやりすぎかも(笑)

サポートの甲斐あって?元夫の夢があと一歩まで行く

サポートの甲斐があって?なのか、元夫の夢はどんどん近づくようになりました。

 

実家で職人をしていた元夫は起業し、法人の会社も立ち上げました。

会社立ち上げも全てサポートし、順調に店舗数も増やすまでに成功しました。

 

夢に近づいた事や仕事が上手く回り始めた事はとても嬉しかったのですが、次第に元夫の態度が変わっていったのです。

元夫の態度が横柄に変わってきた

元夫が順調に成功すると同時に、私に対する態度が横柄になり偉そうになってきました。

当時は私もまだ仕事をしていたのですが、以前から引き続き家事は100%私担当。

元夫が暇な時も手伝う事は一切なし。

 

次第に出かける時の服も出すように言われました。

マチ
マチ
私も負けずに自分で出して!って言いましたけど(笑)

 

前はよく言っていた感謝の言葉もなし。

成功が偉いと勘違いした元夫になってしまったのでした。

尽くしすぎが本当の原因なのか

尽くしすぎたから、私に対して偉そうになってしまったのか。

私は違うと思います。

ではどうしたら良かったのか、私なりの見解でまとめてみました。

成功して勘違いした元夫が悪い

自分の時間を犠牲にするくらい尽くしまくった私はアホだと思っています。

しかし、私の尽くしが元夫の態度の変化を促したとは思っていません。

 

なぜなら、もっと世界で活躍している一流の人物は皆腰が低く、威張っている態度なんて見せないからです。

元夫の何倍も努力して頑張っている人たちは皆謙虚です。

 

数ヶ月ちょっと尽くしたから態度がでかくなる元夫は小さいと思いました。

尽くしても言いなりになる必要はない

好きな人の応援をしたい気持ちは誰にでもあるはずですね。

しかし尽くすのと言いなりになるのは違います。

 

次第に元夫は私が『なんでも全て聞く女』だと思ったのか、要求ばかりになってきました。

尽くしても、全て言うことを聞く『言いなり』になってはいけません。

 

私も尽くし屋!と言う方は、自分を無くすほど尽くすのはやめて、自分のための時間を作りましょう。

元夫のような、『自分が一番!』と考えているタイプは、どこまでも要求してくるので注意が必要ですよ!

まとめ

いかがでしたか?

尽くして態度がでかくなるとか元の性格もあるのでしょう。

 

今まで自信がなかった元夫が成功して、自分すごいと勘違いしたんだと思います。

感謝のできない勘違いは害にしかならないので、自分の時間を作るか違う男性を見つける方が賢明かもしれませんね。